ユカリ(22)

ミケです。

ユカリと店の外で会うようになって驚いたことがある。

ユカリが酒呑みだったことだ。

ホテルに行く前に食事をするのだが、ユカリが頼むのはビールとかサワーを一杯だけだ。

私は食べながら呑む方なので、ユカリは私の頼んだ物をつまむのが常だった。

そんなもので足りるのか不思議であったが、別の機会で納得できた。

別れたあと、どこへ行くのか聞いたときだ。

「キャハハハ、新宿~」

新宿なんか行って何するの?

「呑むんだよ~」

私が顔色を変え、ナンパやホストの心配をすると

「大丈夫大丈夫!ゲイバーだから。安いし、変に絡んで来ないから。」

ゲイバー・・・

「楽しいよ?一緒に行く?」

誘われたが、大抵が23時近かったし、無駄遣いするお金もなかったので断った。

荒れた生活だった。

以前聞いた話と合わせると哀れで涙さえ出てくる。

義務教育を終えないうちから売春紛いの経験を重ね、札幌でスカウトされて吉原へ。

吉原での最初の目標は2,000万円貯めることで、それは意外とすぐに達成されたという。

しかし、計画がなかったからすぐになくなってしまったとも言っていた。

そこから貯める意欲も湧かなくなったユカリの生活が、あればあるだけ使うものになっていったことは想像に難くない。

昼間は吉原の待機室と個室の往復。

他のお嬢さんからも聞いたが、あれは精神的に参ってしまう、と。

待機室は嬢たちライバル同士が集まる部屋でもあるから、殺伐とした空気で支配されることもあろう。

嬢も様々な思いで来ているから、みんなで仲良く、なんて嬢全員が思っているわけがないのだ。

スタッフには売れるために媚を売るが、嬢に媚を売ってなんになる、という考え方もあろう。

お局様がいれば気も遣うし、気に入られなければイジメの対象になる。

そんなところでお茶を挽くことになろうものなら、間違いなく病むはずだ。

部屋持ちになるには売れなければならない。

待機するにも静かなバトルが続いているのだ。

接客にしても、当然嫌な客はいる。

話しかけても何の反応もない客。

こういう客が一番堪えるそうだ。

そんな客がいるのかと驚いた。

何を考えているのか・・・

正に針の筵に座っている心境だろう。

それが2時間続くのだ。

どんなSEXもコミュニケーションの末にあるものだと信じている。

それが出来ない客は、フーゾクで満足のいくサービスは受けられないであろう。

そして、あのウィークリーマンションに住み着いたのはいつからだろうか。

寝ることしかできない狭い部屋。

あんなところに帰ってきても気が休まるはずもなかった。

昼間に味わった嫌なことを忘れさせる、パァーっと騒げる場所が必要になるのは自然な流れだろう。

ユカリの場合それが酒であり、新宿だった。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ユカリ(21)

ミケです。

いつものように舌と指を駆使して蕾を攻める。

いつかユカリにシャワーで体を洗ってもらっているとき、指先をまじまじと見られたことがある。

え?なに?

「ううん、いつも気持ちよくしてくれる指ってどんなんだろうなぁって。アハハ」

そんなに珍しい?ちゃんと爪は切ってあるでしょ?

「そうだね。いつもありがとね」

私の手に頭を下げてお礼をするユカリ。

―そんなことを思い出しながら

豆を舐めながら、中を指先で軽く叩く要領で刺激したり、筋をなぞったりしてユカリの反応を楽しんだ。

しかし、ユカリは”逝かない”女性だった。

私は4年経ったこの時でもまだGスポットの位置はわからなかった。

ユカリは感じてはくれるが、反応の強弱が薄かった。

1回、接客時に聞いてみたこともあったが、ユカリも

「うーん、私もわかんないよ。

でも、ミケさんの指は気持ちいいところをちゃんとわかってくれてるよ」

というだけだった。

今回も”逝く”気配が感じられなかったので、ほどほどのところで切り上げ、挿入した。

ユカリは挿れた後、自分で腰を左右に揺らす癖があった。

これが何を意味するのか。

―自分が気持ちいいのか、男を早く逝かせるためにやっているのか。

不明だった。

その効果のおかげか私が早いだけだったのか、長くは持たず無事発射。

余韻の後、私は再度聞いてみた。

ゆかりちゃんって他の客でも逝ったことないの?

「客・・・っていうか男相手に逝くって信じられないんだよねぇ」

続けて

「腰をガクガクさせるとかビクンビクンさせるとか、ほんとあれは演技だと思うよ」

だそうだ。

私はその真偽を判断するにはまだ女性の経験が浅かった。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

パタヤのpretty girl(2)

ミケです。

今朝、はよユカリ書け、と天啓がありました。

ごめんなさい。

1人でもこういう読者様を大切にしていかなければなりませんね。

明日から書くのでご容赦願います。

「今、どこ?」

日本だよ

いつものようにLINEが始まりました。

元気?

「あんまり・・・

ずっと部屋に閉じこもってます」

このLINEをもらった時はまだタイがあんなことになっているとは知らず

「そっちのコロナはどう?ワクチンは?」

と聞きました。

「接種しません。」

シノバックじゃ打ちたくないだろうね。

ましてこの子はまだ若い。

「どこにも行けない。助けてください」

続けて

「仕事をしなければならないのに。」

日本に来るかい?

こちらからは行けない。

でもこの子がこっちに来れば助けてあげられる。

そんな意味で

私と結婚する?

と軽い冗談(?)のつもりで返すと

「そうね。私もそう思います」

と。

いつもと違う。

なにかあった?

「仕事をするか迷ってる」

働かせてもらえばいいじゃんと軽く受け止めてしまい

パタヤに仕事があるの?

と聞くとSSを送ってきて

「とても長い間仕事はしていません。」

SSにはLINEのトーク画面が写っており

―仕事する?

 内容は?―

―SEX

―5555

と・・・!

鈍くさい私でもこれではっきりと理解しました。

ハゲオヤジに足元を見られ、あろうことかSEXを要求されていたのです。

助けてください、のあとの言葉は

“仕事をしなければならないのに”

ではなく

“仕事をしなければならなくなります”

だったか。

どうしよう。

助けてあげたいが・・・

あなたとは一度しか会ったことがありません。

どうして私にそのことを話すのですか?

と送りました。

「お金のため、と思っているでしょうね」

あなたの真意が知りたい。

私をサイフ代わりに思っているのではないか?

真正面から聞いたって否定するに決まってるだろ、って思いますよね。

でも、嘘でもいいから否定してほしかったのです。

それで成り立つ取引です。

私はもうこの子を助けたいと思っているのですから。

「決してサイフなんて思っていません。」

友達として?

「恋人になってもいいです。

でも好きになるにはもうちょっと時間をかけたいです」

よっしゃ、取引成立や

端から見てるとどっちがヤクザやねんって話ですが(笑)

最後の言葉が響きました。

ハゲオヤジが提示した金額を送ればいいのか聞くと、それでは足りないと言います。

倍欲しい、と。

倍・・・

やっぱり騙されてる?

全額は出せないけれども、色をつけて送ってあげました。

お嬢さんも残りは友達に借りると喜んでいました。

「あなたを待ってる」

照れるぜ。

まぁ他のタイファンの方からすればケチくさい額と笑われるかもしれませんが。

騙されてもいい額ですので(笑)

今のところ、毎晩のLINE交換は継続中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

パタヤのpretty girl(1)

ミケです。

ユカリシリーズは来週上げます(汗)

今回は、最後の訪タイでGOGOで知り合った女の子からLINEをもらったので。

この子はパタヤ最後の日に奇跡的に会えた貴重な子です。

4日間一緒にいた子と別れたあと(この日の夜)、一晩の夢を追い求め、LK、ソイ6、WSを彷徨い歩きました。

パロパロ?バタフライ?

5555

そして閉店間近の時間にやっとの思いで見つけた子です。

当時彼女は”おぼこ”でした。

いえ、処女という意味ではありませんよ、さすがに。

GOGOに入って2日目、あなたが初めての客よとママが説明してくれました(真偽は?笑)。

中華系の血か、白く透き通った肌でふんわりとした、女の子らしい体つきをしていました。

隣に座らせると、もじもじそわそわ。

全然落ち着かない様子で、その白い頬を紅潮させ、ママや友達に助けを求めたり、俯いたり・・・

全然こちらを見てくれませんでした。

しかし、周りの嬢たちとは全く違うリアクションが新鮮で、かわいくて思えて・・・

そんな彼女と、言葉もわからないのにLINEを交換して、今まで細々と連絡を取り合ってきました。

ロックダウンしたのが2020年3月だったので、彼女がステージに立ったのは1ヶ月もなかったのかもしれません。

でも、そのおかげで夜嬢への脱皮を免れたのかもしれません。

今までのLINEの内容は、他のタイ嬢と違ってとてもピュアなものでした。

ピュアといっても恋愛とはちょっと違います。

むしろ友達関係。

決して彼女から好きとかdarlingとかいった言葉は出てきません。

でも送ったLINEにはちゃんと返事が来るし、彼女からも来ます。

タイがロックダウンを敢行し、市場からモノが消えたときにも、彼女は

「大丈夫です。

私は蓄えがあります。

それがなくなったら私の持ち物を売ります。

政府からもお金がもらえます。」

と言って私からの援助を断りました。

夜嬢だったら、こうはいかないでしょう。

それに、なにか自立した女性の余裕すら感じられます。

あぁこんな子が恋人だったら・・・

と何度思ったことか!

そんな彼女が今、助けを求めてきたのです。

タイが凄いことになっていたのです。

今日も1日の新感染者数が9,000人を越え、1万人を越えるのも時間の問題?

なんでこんなことに?

デルタ株とアルファ株の猛威に、中国のシノバックじゃ太刀打ちできないと。

で、問題の彼女がなんと言ってきたかというと・・・

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

閑話休題

ミケです。

すみません。

ユカリシリーズ今頓挫しています(汗)

もう時短営業に苦しめられてます。

なんにもできないです。

会社が終わって18時過ぎに最寄りのスタバなんかに寄っても、

並んで、席に着いて一息入れて・・・

なんてやっていると19時なんてすぐに廻ってしまいます。

それから試験勉強とかユカリシリーズとかを始めて、となるんですが、1時間なんて本当にあっという間で。

漸くノッてきたって時に

「当店あと10分程で閉店となります・・・」

と店員さんが店を回ります。

あぁもう!

ってなります。

酒なんか出さなくていいから時短を緩和してほしかったわ。

そしたら、緊急事態宣言も出さなくてよかったかもしれません。

大体、見ていると業態として酒を出さない店は客も店もルールを守ってると思うんです。

これが酒を出す商売になると曖昧になって、ソーシャルディスタンスや3密が守れない無法地帯になります。

と、今日アメ横を通りながら思いました。

もう都の言うことなんか聞いてられっけー!!

って感じなんでしょうね。

酒を出さない店には時短を緩和して自助努力をしてもらい、酒を出す店には休業要請する代わりに補助金を厚くする。

っていう措置はとれないのかしら?

やっぱり酒が絡むとよくない結果になると思うんですよね。

私もお酒は好きですけどね。

家で呑めばいいじゃないって思います。

酒を出す店の取引先に取引停止を命じたそうですが(結局撤回)、やり方としては間違っていないと思います。

ただし、卸にはお金で補償するのが前提ですけど。

そして、今回のボーナスで靴を買おうと思いまして、色んな靴屋を巡りました。

半年見ないうちにそんなに変わっちゃったの?と驚きました。

ビジネスやよそ行きではROCKPORT、普段履きではadidas やReebokを愛用していたんです。

これが偶然の一致か必然か、adidasはReebok(とその子会社ROCKPORT)を傘下に治めていて、3社は実は同じ資本だったんです。

そして、ROCKPORTがadidasから切られたっていうことはどこかで聞いていたんですが、よもやadidasとReebokも別れていたとは。

Reebokの売却は今年の始めというからそんなに昔の話ではありません。

ですが、Reebokがadidasから抜けると市場に変化が起こったようです。

それは伝統を捨て新しいモデルしか販売しないという方向転換でした。

これは残念としか言えません。

あの、ちょっと古くさくて、でも足を守るために設計されたモデルが、新しい売場には影も形もありませんでした。

もうおもちゃみたいなのばっか。

それから、adidasのSUPERSTARは素材を本革から合皮に変えたそうです。

私は小学生の頃からadidasが好きで、なんの違和感もなく履いてきました。

ところが、皆さんも覚えていらっしゃるでしょう。

5~6年前の国民総adidas化計画。

あのときはもう笑うしかなかったですね。

猫も杓子もadidasのスニーカー。お花見でブルーシートの脇に並べられた靴がみんなadidas・・・

で!

あの頃から履き心地が違ってきたなぁと思ってたんです。

脱げちゃうんですよね。

そのことを店員さんに言うと

“元々フラットなソールで屈曲性に乏しい上に、素材も合皮に変えたので硬くて走る目的では使えない”

そうです。

というわけで今はスニーカーは走ったり足を守るためのものではないんですね。

ナイキは細いし、ニューバランスはすぐダメになるし。

店員さんもお勧めなのはやっぱりROCKPORTみたいです。

うん、一番履きやすいです。

ちっちゃい会社でコロコロ親会社も変わって、売場も小さいけど、見かけたら履いてみてください。

えらい長くなってしまった(汗)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ユカリ(20)

ミケです。

ももの外側から、丁寧に舐め残しがないように膝に向かう。

息が洩れる。

微かに響く喘ぎ声が分身を奮い起たせる。

膝に移る。

くすぐったがらせないように、ゆっくりと。

「ハァ~・・・気持ちぃぃ」

ふくらはぎを持ち上げ、すねの外側から舐める。

「んんっ・・・」

こんなところが感じるのか・・・

脛から足の甲へスライドする。

「あっ・・」

足の甲を吸い、また舐める。

足の裏を持ち、足の指を親指から1本1本丁寧にしゃぶっていく。

ユカリがいつも私の分身にしてくれるように。

ユカリと目が合う。

ユカリは静かに喘ぎながら、私の口元をじっと凝視している。

私は照れ笑いをして舐め続ける。

かかとをもち、足の裏に舌を這わせる。

「すごい気持ちいい・・よ」

最大の褒め言葉だ。

しかし、舌が疲れてきた・・・

こんな感覚は初めてだった。

舌がつる・・・

だが、ユカリが気持ちいいと言ってくれているこの行為を、やめるわけにはいかなかった。

今度はすねの内側、内もも、と右足を舐め尽くした。

腰からスタートし、下半身の外側を爪先まで下り、ターンして内側を廻ってきた形だ。

花弁には触れずに、今と同じように反対側の足を舐め出す。

途中で

「ねぇ・・疲れたでしょ?もういいよ」

と頭を撫で付けられながら言われた。

ううん、大丈夫。

頭を振って黙々と舐め続けた。

左足の内ももを舐め終わると、舌が麻痺して唾液も出にくくなっている。

だが、メインディッシュはこれからなのだ。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ユカリ(19)

ミケです。

体を流し終わり、テレビを見ているユカリに交代を促す。

「ひゃーおっかし~!あっはっはっ」

手を叩いて笑いながら、ベッドから立ち上がりこちらに向かってくる。

「じゃちょっと待っててね」

当時SMAPに興味がなかった私はチャンネルを替えて違う番組を見ていた。

しばらくしてシャワールームから出てきたユカリに、さっきの続きがどうなったか聞かれた。

「え~っ!?なんで見てないの~?面白かったのにー!」

・・・いや、ごめん

「もー!」

と言ってほっぺたを膨らませ、体に巻いていたバスタオルを取り、ベッドに潜り込む。

私も慌てて、腰に巻いていたバスタオルを取りユカリの隣に添い寝する。

しばし見つめ合い、ユカリがニコッと微笑む。

戦闘開始の合図だ。

黙って口を寄せ、ユカリの唇に触れる。

するとユカリが唇で軽く私の唇を挟む。

私も挟み返す。

しばらくその甘い応酬が続く。

いきなり舌を入れるより数倍気持ちいい。

それが徐々に唇を離したり、また求めるようにくっついたりして、啄むようなキスに変わる。

ユカリとこんな時間が過ごせるなんて最高だ。

当時はそう思っていた。

そして、唇から首、胸へと愛撫していった。

その時、ユカリが

「もっと強く揉んで」

と要求してきた。

ユカリがこんな要求をしてくるなんて初めてのことだ。

ちょっと力を入れると

「もっと!もっと強く!揉みしだいて!」

更に力を入れたが、これ以上は「揉む」というより「潰す」若しくは「つねる」になってしまいそうで、出来なかった。

ユカリは不満げに

「じゃあ足、舐めてくれる?」

と言った。

ももから膝まではいつも舐めていたが、爪先まではまだ未体験だった。

片足ずつウエストの横から舐め始める。

「ふふっ」

くすぐったい?

「気持ちいい」

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

小休止

ミケです。

いや~この頃バタバタしてて更新できてません。

申し訳ないです。

会社で人事評価があったんですが、

うーん…このままここにいていいのか?

って思っちゃいました。

更新できてない理由はそれも含めて、ですね。

それにしても非常事態宣言、マンボウに限らず8時閉店の時短営業はきついです。

家では何もできなくなる人なので。

まぁ今の時期、ツール・ド・フランスが見れるので満更でもないんですが。

えなこちゃんが交際を公表しましたね。

私は・・・まぁ彼女のTwitter見るようになってから冷めてきまして。

普通の女の子だなぁって。

あんな神憑りしたコスプレの正体がこれかぁ、とちょっとガッカリしていた時期でして。

初めてじゃないですしね、彼女の交際報道。

いいんじゃない?としか。

で、今日はプチデートに行って参りました。

「食事だけだったらお金いらないけど、H付きならお金ちょーだい」

とのことだったので・・・

全然進歩してませんね、私( ´Д`)=3

やはり人としての魅力にかけるのかしらん?

と思ってしまう四十代・・・

ハァ( ´Д`)=3

というわけで、二十代の彼女に日頃思っている疑問をぶつけてみました。

この頃のアニメってキャラ至上主義?

ANIMAXでこの前から始まった『ラブライブ』

なんか見たことあるデジャヴ感がハンパない。

同時期?に人気を博した

『ガールズ&パンツァー』

アニメではないけれど大分遅れて話題になった

『チア☆ダン』

どれもストーリーが似ている。

転スラと神々に拾われた男もそうだし、呪術廻戦など昔の作品のパクりのオンパレード。

私の世代でこれやったら絶対パクりとして酷評されたはずです。

それが受け入れられている。

「キャラがよければ人気は出るかなぁ。それにストーリーが乗っかればなおいいよね」

やはりそうか。

時代は変わるもんですなぁ

ユカリは明日更新予定です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ユカリ(18)

ミケです。

私は芸能界にはあまり興味がない。

そのため、店で会っている時はほとんどこの手の話はしなかった。

ホテルに入るとテレビがあり、ユカリは自然な振る舞いでそのスイッチを入れた。

VODはまだなかったと思うが、コインを入れて見るテレビでもなかったような気がする。

「SMAP出てる番組ないかな?」

チャンネルを片っ端から見ているユカリ。

SMAP好きなんだ?誰が好き?

「キムタク」

割とミーハーなようだ。

そういえば、写メ日記に半グレ系の出で立ちが好きとか書いていたっけ。

姐さんにそんなこと書くんじゃないって言われて、ソッコー消したとも。

「あっ出てる出てる。」

クリスマスも近いので、特番といったらSMAPが定番だった。

もう私の方は見ない。

「シャワー先に浴びてきていいよ。」

え?一緒に・・・

「狭いでしょ。もし心配ならお財布持ってって構わないから」

そうなのだ。

店でない場所で会うということは、いくら面識があろうと盗難の可能性があるということだ。

ユカリの方から言ってくるとはなかなか修羅場をくぐっているな、と思った。

じゃお言葉に甘えて・・・

ホテルのユニットバスでは脱衣かごなんていうものはない。

どこに置くかウロウロしていると

「さっきセブンでもらった袋あるでしょ」

と言ってしわくちゃに丸めたビニール袋を広げる。

「ここに入れて内側のノブに吊り下げとけばいい」

ふへ~・・・大したもんだ。

妙なところに感心していると

「中学の時からテレクラとかやってたからね」

笑ってまたテレビの前に戻っていく。

中学!?それはまた凄まじいな。

「山田花子に似てるって言って会うと大抵喜ばれたよ」

そりゃそうだろ(笑)

しかしなんだその喜ばせ方は。

それにしても、である。

本当に、凄まじい人生を送ってきたのだな

とユカリのテレビを見ながら笑う後ろ姿を見ながら思うのだった。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ユカリ(17)

ミケです。

あれから半月も経たないうちにユカリから電話が掛かってきた。

「今日暇?」

恋人も遊び相手もいない孤独なサラリーマンである。

暇だけど・・・

「じゃ会ってよ」

店に行く金なんかないよ・・

「ううん、外で会おうって言ってんの。お金はこないだ借りちゃったから少しでいいよ」

結局取るんかい!

思わずツッコミそうになる。

いくら?

取り敢えず聞いてみる。

「ご飯食べて、ホテル行って、1万円」

・・・安い、のか?

確かに貸付がなかったらこれほど安いものはない。

だが・・・

「ご飯はさ、安いところでいいから」

畳み掛けるようにしゃべる。

としても飯代とホテル代で1万、合計2万だよなぁ・・

まあいいか。

どうせ店に行ったら倍以上掛かるんだし。

などとユカリを待たせて考える。

いいよ。

「やった!じゃぁまた仕事終わったら電話して。お仕事がんばってね、チュッ」

・・・調子のいい女だ( ´Д`)=3

てか、こんなキャラだったか?

まぁいい。

仕事が終わり、西日暮里で待ち合わせることにした。

何を食ったかなんて覚えちゃいない。

だが、入ったホテルは覚えている。

プレステージ。

あの鶯谷の地獄のようなホテルに比べたら、正に天国のように清潔で今風な造りだ。

特別凝ったデザインでもないが、休憩で入るには十分であり、お手頃な値段だ。

※20年以上前の話です。

ここに来て、漸くユカリが自分のことを喋りだした。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村