タイマッサージ『スカイ』

ミケです。

お嬢さんが私のことをどれほど思っていてくれているのか、ちょっと気になっちゃって…

タイレディのことを、タイのことをなんにも知らないジャパンレディに聞いてみたってしょうがない。

そう思うようになりました。

『結婚』や『交際』というキーワードに対する考え方。

2回会っただけ、数日間一緒にいただけ。

それだけで、日本人女性はふた回り近く違う男と一緒になりたいとは思いませんよね。

そこにはメイド・イン・ジャパンというブランドが未だに輝いているのだとは思いますが。

そこら辺をもうちょっと聞いてみたいと思いまして。

それと、日本のタイマッサージに興味が湧いたといいますか、本場に行けないんならこんなんもありかな?と。

向かうは御徒町駅、アメ横通りの反対側、雑居ビルの3階にある『スカイ』というお店。

MMさんのブログでは多少のハプニングも許容してくれるとのこと。

一番安いコース(60分)をチョイスし、本場の10倍のお金を払って入室。

マッサージに90分や100分なんて、かけたことがないので。

仄かにタイの香りがする。

どこで嗅いだとは特定できないけれど、タイでの滞在を体験した方ならばわかるはず。

韓国は飛行機から降り立った時にキムチの匂いがする、と高校教師から聞いたことがあります。

同じ系列からナンプラーとか?

いやいやあんな強烈な匂いではありませんでした(笑)

もっとマイルドな…

単なるアロマ?かも知れませんが(笑)

ここは雑居ビル?と思えるほどちゃんとした内装。

個室でスッポンポンになってシャワールームに案内されます。

まぁ雑居ビルのシャワールームだよなぁ…( ´Д`)=3

ここは改装してないみたいです。

自分で洗います。

MMさんによれば、ここから安いコースとお高いコースの違いがあるようです。

お高い100分コースはお嬢さんが洗ってくれるようです。

個室に戻って

―どこか疲れている(凝っている)所はありますか?

流暢な日本語で聞かれます。

腰と肩(´・ω・`)

と、すぐさま言えればよかったのですが、満身創痍なのも確かでしたので、どっちを言おうか一瞬の間ができました。

その間がイラッときたのか、

―60分はあっという間ですよ?

―どこが疲れてますか?

と…f(^_^;

―背中ですね。うつ伏せに寝てください。

タオルをかけられ、マッサージ開始。

腿からふくらはぎ、足の裏まで何回か往復します。

力は入っていますが、不思議と痛くありません。

そして、背中…

乗っかって来ます(笑)

馬乗りじゃなく、正座で膝と脛を使って、凝った肩甲骨や背骨の辺りを伸ばしていきます。

新しいな…

お嬢さんの髪が激しく私の頭や肩にかかって、なんとも変な気持ちになってしまいます(*´Д`*)

うつ伏せのまま30~40分くらい施術を受けていると、

―お客さん、マッサージだけですか?

―リンパマッサージはどうしますか?

と。

え?なに?

振り向くと、手で自分の腰を指して

―ここら辺のマッサージはどうします?

あ~…なるほど。

別料金なわけね。

OK やってください。

中断して精算(笑)

―じゃ仰向けになってください。

膝を曲げられ、股を開かせられます(ノ∀\*)

内腿をほぐして、股間を弄りだします。

―大丈夫かなぁ…

―自分でやる?

アホか!

弄りだしたのはいいけれど、勃つ気配がなかったのです。

だってここまで勃つ要素がまるでなかったんですから、当たり前です┐(´д`)┌

それにしても自分でって(笑)

まぁ弄ってればそのうち勃つってf(^_^;

ここでも

―60分はあっという間だから…

なんなん?一体…

相当不満げなお嬢さん。

こっちも気分悪いです。

曲がりなりにもお金を払ってサービスを受けているのです。

入ったコースが短い、とサービス中に客に向かって文句を言うのは間違っています。

60分でやるべきことをきっちりやって、終わったときに

「100分だったらもっといろいろやってあげられるよ」

と言われた方がナンボかマシです。

60分が満足のいくものだったら、100分はもっとなの?と期待もしようというもの。

出すものを出し、お腹を拭いてもらっている時に

何分だったらよかったの?

と聞いてみました。

例のごとく、60分はあっという間です、と言った後に

―100分ならゆっくりできます。

MMさんから

「60分は間違い」

と言われてなければ、もう興味はない、となっていたところです。

そういえば話も全然出来なかったなぁ

この次、100分で取ったら話ぐらい聞いてくれるのだろうか?

にほんブログ村

どうするか…

ミケです。

今、スタバで寛いでいますが…

とんでもなく端迷惑な30代男性が目の前の席に座ったので、逃げてきました。

この男性、簿記2級の問題集を広げて、ちっこい電卓をべちべちと殴るようにして問題を解いていますが…

すっげー迷惑。

大分遠くに避難しましたが、まだべちべちやってるのが聞こえます。

いるんだよなぁ

速打ちでもないのに、無駄にうるさいヤツ。

私が受験しているときもいました。

そいつはうるさい上に机まで揺らして、妨害してるとしか思えませんでした。

たかが2級でなんのパフォーマンスだよ、って話ですよ。まったく。

2級なんて、いえ1級だってゆっくり打っても受かります。

電卓打つスピードじゃないんですよ。

本題。

プロポーズしておいてほったらかし、なんて許されるわけはないですよね…

ちょっと軽はずみだったかな…なんて。

一応、手続きが相当めんどうだってね、とフォローを入れておきました。

必要な書類のなかに2人で一緒に写っている写真なんてのもあるそうで(笑)

2人で撮った写真なんて、前のスマホから取り出さないとならないし…

コロナが騒がれ出した頃で、ほぼマスクをしている(笑)

認められるのかなぁ

翌日、

私がいなくてもさみしくないの?

とLINEが入ります。

結婚するのが嫌だって受け取られたのか?

そんなことはないんだけど…

おじょうさんはかわいいし、おおらかで優しい。

一緒にいて幸せな気分になれる数少ない女性です。

でも…

にほんブログ村

大丈夫?

ミケです。

寒いですね。

昨日と同じぐらいの気温だと聞いたので、コートを着てきました。

正解⭕(笑)

もうホワイトカラーじゃないんだから、ツナギでもジャンパーでも貸与してくれって言いたいですね。

シャツとかスラックスとか勿体ないし、シャツ一枚だとさすがに寒いです。

私服に近い服装で来る人もいますが、私服はねぇ…

部屋着みたいな服かオシャレ着しかないから。

会社に着ていける私服がない(笑)

だから作業着の貸与を(。・`з・)ノ

で。

お嬢さん。

この頃レスポンス悪いなぁ

仕事忙しいのかしら?

などと考えていたら、なにやら体調が優れないみたいです。

具合を聞いてみると、緊急性を要する病気でもないけれども、すぐよくなる症状でもないらしい。

すぐにでもそばに行って支えになってあげたい。

しかし、今はコロナ禍。

一般人が海外渡航できる状況ではありません。

いっそのこと結婚するか?と最近冗談混じりで聞いてみました。

日本では私を受け入れてくれる女性はいないと痛感する出来事があったので…

速攻OKの返事(笑)

え??

私、プロポーズしちゃった?

そして受け入れられたの?f(^_^;

まぁお嬢さんだったらいいかなぁと思いますが。

でも…軽すぎないのかな?f(^_^;

結婚にはとーいさんのブログでも結構大変な手続きだということを紹介されています。

う~ん…

昨日、あなたの子供が欲しい、と…

にほんブログ村

OL進化論にみる日本経済

ミケです。

コロナによって、元からおかしかった経済が壊滅的に破壊されてしまった現在。

持論を吐いても、常識が常識でなくなった今では空回りするだけだし…

と悶々とモーニングを読んでいると、これマンガのネタになるような問題じゃねーし(笑)と別の意味で笑ってしまったものがあります。

『OL進化論』(秋月りす著)という4コママンガ。

箸休め的なマンガでいいですよね。

そして驚くべきは単行本が40巻を越える程の長寿ということ。

1989から連載開始したってんだから30年以上ですね。

スゴイ!

問題の4コマは2~3週間前に発売されたものですが、気にしないでください(*´・ω・)

〈母親が社会人の子供2人に向かって問う〉

母:お前たち、もし収入が月に10万円増えたらどう使う?

〈夢を語る子供たち〉

長男:車買うかなー

あちこち温泉とかキャンプに行きたい

長女:私は年に2回海外旅行

長男:1万円以上のシャツとかいい時計とか欲しいかも

長女:服もいいけど月に一度は懐石料理とかフレンチ食べたいな

〈すまなそうに肩を落とす両親〉

母:30年前それくらい普通だったよ

父:気付いてないかもしれないけど あんたたち貧乏になった

なんかごめん


子供たちが貧乏になったんじゃなくて、日本が貧乏になったんです。

そして、一般的なお父さんたちはそんなに悪くない。

悪いのは何も考えない企業の首脳陣と、画一的に長時間労働を悪と決めつけ企業戦士を働けなくした政府です。

企業戦士をがんじがらめにしておいて、安くてたくさん揃う労働力(派遣やパート)を使って穴埋めしています。

考えることができない社長さんたちが、言われたことだけこなす労働力を使っても付加価値なんて生まれません。

週に40時間も働けない日本人が週に100時間働くイーロン・マスク氏に勝てるわけがない。

にほんブログ村

トランスファー・ワイズ

ミケです。

どうもこの頃、ブログの更新ができてないですね。

すみません。

今、浮かび上がれない程落ち込んでいるので、ブログに手が着けられない状態です。

って誰に言ってるんや❗って(笑)

お嬢さんへのお金はEMSで本に挟んで送ってましたが、送料がバカにならない(軽い食品と一緒に送ると約3~4千円)ので送金アプリを使ってみようと。

かのソイ・カーボーイさんもブログ上で紹介してるし、どんなもんだろうと。

記事では他のどんな送金方法より便利、簡単といったイメージが伝わってくるのですが。

送金サービスというといつ頃からか必要になった本人確認が面倒、時間がかかるというイメージでした。

ソイさんのブログでもそこら辺がかかれていないので、うーん、どうしたもんか…と悩んでおりました。

やるべし。

まずはお嬢さんの銀行口座と住所、メールアドレスが必要となりますので、お嬢さんに連絡して教えてもらいます。

そうなんです。

予め口座を作るのではなく、どこにどれだけ送る、という入力の後に本人確認、という流れなんですね。

正直面倒です。

HPを見るとオンラインで認証が取れるらしい。

必要なもの

  • 日本発行の顔写真付き身分証明書(例:マイナンバーカード、日本の運転免許証、在留カード、住基カード)
  • 手のひらサイズの紙とペン(4桁の認証コード(後述)を書くために必要です)
  • カメラが付いているスマートフォン
  • マイナンバーカードもしくはマイナンバー通知カード

(HPより抜粋)

2つ目の”手のひらサイズの紙とペン”は自撮り画像を撮影のとき必要だそうで。

ランダムに表示される4桁の数字を書き写して、画像に写り込むように撮影しなければなりません。

これが一番ネックでした(笑)

私の部屋はポスターとかフィギュアとか服とか…雑然としていて証明写真のバックにはとても使えないんです。

なので、多目的用のトイレを拝借して撮影しました(笑)

本人確認書類も予めスマホで撮っておきましたが、ガイドに従って進んでいくと、撮影画面があるのでそちらで撮り直しました。

というのも、撮影画面にはちゃんと本人確認書類の書式のガイドラインが緑色で表示されており、それに入るように撮影すればいいからです。

撮っておいたものとはサイズも角度も違っていたので。

4枚の画像を送って、あちらの認証待ちです。

そしてその間にトランスファー・ワイズのレートで換算した日本円を銀行振込しておきます。

認証に一晩かかりました。

この次からは本人確認がなくなるので、もっと早く処理できるはずです。

受取人にはメールで着金の知らせが行くはずですが、どのタイミングかは不明です。

上の一番上の”送金手続きが作成されました”の段階でお嬢さんからLINE電話が鳴りましたからね…

あいにく移動中で取れずに内容はわからなかったのですが。

送金が完了して、お嬢さんに連絡するとスタンプが3つほど…

まぁ金額も金額だし、忙しかったかも知れないけど…

もうちょっと喜んでほしかったな…(つд;)

にほんブログ村

コメント

ミケです。

この頃(といっても更新が止まっていましたから、1~2週間前?まで)コメントを頂くようになりました。

まぁ中にはよくわからないURLを一杯貼ったものとかもありますが…f(^_^;

それはスパムですね(笑)

それを除くとほとんどが英語なんですね…

読めないことはないし、読みにくかったら、翻訳すればいいだけのことなんですが。

ただ…

初対面の方と英語でチャット等の経験がないものですから、温度がわからないんです。

相手がどういうスタンスでこちらにコメントを残していただいているのか?

ほめていただいているのか、おだてて商用HPに誘い込もうとしているのか、バカにしているのか…

それがわからないと下手に返信できんなぁなんて考えてます。

真面目にコメントくださった方にはちゃんと返したいなぁと思ってはいるんですが。

てかなんで英語圏ばっかり…?

すみません、つまらない独り言でした。

にほんブログ村

今度は…

ミケです。

今年は夏らしいニュースがないのに気温だけ上がって、なんか変な感じですね。

田舎にも帰れないのでなにか送ってやろうと思ってもなかなか難しい。

親たちが喜ぶものって東京で買えるものよりも、田舎で手に入れるものの方がはるかに美味しかったりするんですよね。

さて、本題。

またまた、厄介事を送ってきたお嬢さん。

今流行りのワイヤレスイヤホンの写真と共に

美しいでしょ?

と。

Samsungのメタリックパープルのイヤホン…6,620B(約22千円)だそうです。

高っ❗

イヤホンなんてせいぜい5千円出せばいいもん買えるだろうに…

お嬢さんの送ってきた写真をよく見ると”BTS”とあります。

BTSといったら、バンコクを走る高架鉄道ですよね。

鉄道のコラボ商品を欲しがるなんて変わった子だなぁと。

鉄女❓と疑ったり。

でも、BTSって紫だったっけ?

青っぽかったような…赤もあったか?

混ぜれば紫になるか…

年初に行ったときはナラヤの25周年だか30周年で黄色くカラーリングした列車が走ってたけど…

ともかくSamsungとBTSでググってみました。

全然違いました(笑)

韓国のボーイズグループでそんなのがいるそうです。

あぁコイツらか

たまにお嬢さんから送ってくるスタンプで見たことがあります。

こんなのが好きなのか。

KPOPが好きだったのは随分昔のことだし、ボーイズには全然興味がなかったからな…

とは思いつつも、そういうことなら私もお嬢さんの気持ちがよくわかります。

急に買ってあげたくなりました。

だって私もお金がなくて諦めたグッズは数えきれませんからね。

う~ん…どうしようf(^_^;

送金してからそんなに経ってないし…

ここで送ってしまえば、この次はもっと要求してくるかも知れません。

ここは心を鬼にして

もっと安いものにするか、あと1ヶ月待ちなさい。

と送りました。

すぐに返ってきました。

動物のケースに入ったイヤホンの写真と共に。

3,000B

と。

BTSはそんなものなのか…(笑)

まぁ3,000Bなら別にいいか

送金方法はトランスファーワイズを試してみようかな

にほんブログ村

整形?

ミケです。

お嬢さんといつものように他愛のないLINEのやり取りをしていました。

すると

私の鼻をどうにかしたいの

へ?!

きれいになりたい。

暇だと送ってきたと思っていたら、次にこれ…

どういうこと?

暇に任せてくだらないこと考えている模様です。

こういってはなんですが、お嬢さんの顔はすごくかわいいんですよ(*´ω`*)

すっと筋の通った鼻というわけでもありませんが、色白で目が大きくて、そりゃあもう一級品ですよ。

潰れてるわけでもデカすぎるわけでもない鼻を整形?

ちゃんちゃらおかしいですね。

お嬢さんも目も口も輪郭も手を入れる必要がないから、消去法で鼻を整形したいと言ってきたんでしょう。

全く…┐(´д`)┌

説得にどれだけ時間がかかったか。

特に特徴のない鼻ですが、だからこそ他のパーツと調和が取れている、ともいえます。

ここに北川景子みたいな鼻が建ったとして、果たして調和が保たれるのか?

ブラックジャックの『スター誕生』みたいな説得術でお嬢さんはひとまずなだめられたみたいですが。

暇ってヤツは…

にほんブログ村

売り方

ミケです。

前回の本気野菜の記事を掲載して2~3日後、イトーヨーカ堂さんに行ったところ、「純あま」が売場を拡大して、大量に入荷しているじゃありませんか❗

マジ⁉️

嬉しいことは間違いありませんが、毎度品薄になるので買いだめしてあって、このときは買いませんでした。

昨日、純あまを買おうと売場へ行くと、明らかに売れてない様子…

まぁこうなるだろうな…と。

ただ並べてあるだけなんです。

日本人は保守的だから…

どこの馬の骨とも知らない楕円形のトマトなんか、怖くて買わないんですよね。

味はどれも似たり寄ったりだろう。

だったらいつも買う丸いトマトが安心…

ましてや私の住んでるような下町ではその思考経路は強いものとなります。

だから、売り方も考えなければなりません。

サントリーフラワーズさんが立派なHPを作ってらっしゃるじゃありませんか。

純あま

そこに書いてある3つのポイントを最大限お客さんに知らせる努力をしてほしいです。

平均糖度8以上って普通のトマトじゃ考えられない甘さだと思います。

サントリーフラワーズという看板だって宣伝効果は大きいと思います。

普通に売って、売れないから入荷しなくなる、というのは消費者としてあまりに悲しいです…

別にサントリーさんの回し者でもなんでもないですよf(^_^;

にほんブログ村

本気野菜

ミケです。

暑いですねぇ…

2階建ての高気圧とか聞いただけで異常気象だと想像できちゃいますね。

調べると

日本の夏の主役「太平洋高気圧」に、大陸から偏西風の影響で張り出した「チベット高気圧」が重なって地上に熱を蓄積させ”危険な”暑さにしている

そうです。

今年の夏はいつもと違う、ということですね。

さて。

私は山育ちなので、野菜や果物がやっぱり好きなんです。

ですが、東京の野菜や果物は香りが少なく、喜んで食べたいと思わなくなりました。

まぁ彩りとか栄養とか、この料理にはなくてはならないとか、いろんな理由で買ってはいますけれど。

あぁ…でもトマトは買わなくなりました。

パスタに使うから缶詰はよく買いますが。

もう、味が全然違うんですよね。

田舎にいた頃はおやつ代わりに食べていたものです。

懐かしいなぁ

と、1ヶ月も経っていないと思うのですが、イトーヨーカ堂で出会ってしまったのですよ。

最初は口内炎が治らなくて、そういえばトマトがいいって子供の頃聞いたなぁって…

トマト売場にふらふらと立ち寄ったんです。

そこで楕円形のトマトを見つけて。

楕円形のトマトといったらホール缶のトマトしか知りません。

ホール缶のトマトを生で食べたこともありません(笑)

興味津々で買って食べました。

甘…( 〃▽〃)

形は違うし、ちっこいから、昔丸々とした実をかぶりついた感じとはずいぶん違いますが、味は近いと思います。

もちろん、同じではありませんが、ほのかな酸味と共に溢れる強烈な甘さ❗

気に入りました。

冷蔵庫の前を通る度に、このトマトを3~4粒取って口に放り込むクセがつきました(笑)

そうするとすぐになくなって、次の補充を…と思ったんですが。

売場にない…

なんと毎日入荷するわけではないらしいです(泣)

イトーヨーカ堂さん。

売場が空にならないようにお願いします。

で、これをブログに書こうと何気なくググると…

予想では、ホール缶で使われているサンマルツァーノ種についての検索結果が出てくると思っていました。

ところが

本気野菜

とトップに。

はぁ?

です。

でも、本気野菜のロゴには見覚えがあります。

もしかしてブランド商品?

サントリー?

正しくはこのトマトは

サントリーHDの完全子会社である、

サントリーフラワーズという会社の、

本気野菜というブランドの、

「純あま」という商品

だったんですね。

サントリーさん。

すごいことを地味にやってらっしゃる(笑)

他の野菜も食べてみたいですねぇ(*´Д`)

にほんブログ村