N(7)

ミケです。

エキノコックスが愛知県で定着?!

検出とか発生ではなくて?

エキノコックスといえば、『ブラックジャック』の「ディンゴ」で有名になった寄生虫の1つ。

私も兄に脅されながら読んで、ひょえ~!と幼心に恐怖を刻み込まれました。

キタキツネ等を媒介に寄生するので、従来北海道にしか生息しないということでしたが。

余談ですが、私は入社前に北海道を旅したことがあります。

釧路の硫黄山に行った時、キツネが道端に無防備に繋がれており、メチャクチャビビったことを思い出しました。

以降、エキノコックスが脳裏から離れず旅を楽しむ気分も半減してしまいました。

愛知では野犬が対象になりました。

本州でこういうことが起こるということは・・・

拡大も時間の問題?

怖いですね。

N(7)

Nの胸を攻めたが、私の思い描く反応ではなかった。

まぁ胸はこんなものかと納得し、腰から太ももへと攻める位置を変えていく。

ウエスト辺りに舌を這わすと不意を突かれたように声が洩れる。

ももへのアプローチもまんざらでもない様子。

見ると先程と違い、虚ろな眼差しでこちらを見ている。

感じてはいるのだろうか?

私の舌はNの膝に到達し、口を大きめに開け吸う。

膝小僧全体に舌を押し当てる。

これは過去に対戦した嬢にしてもらった技だ。

じんわりと温かく、気持ちよかった。

ところが。

「ぷっ・・・」

顔をあげると

「くすぐったい・・・」

とNは笑いを堪えている。

ダメか・・・

膝を舐めるのをやめ、脛へ移行。

「ぷっっ・・・ダメだよぉ」

じゃぁこれは?

足先を舐めると

「あはははダメだって・・・」

Nは本格的に笑いだした。

もうムードもへったくれもなくなっていた。

「膝から下はくすぐったい」

やむなくNの叢へ集中することになった。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

N(6)

ミケです。

スタートレックのカーク艦長ことウィリアム・シャトナーが宇宙飛行に成功しました。

彼のことはほとんど映画の中でしか知りませんが。

あとコロンボの犯人役(『ルーサン警部の犯罪』『4時02分の銃声』)。

御歳90歳。

スゴいですね。

と思いきや、この間飛んだスペースXのクルードラゴンより飛行実績では遥かに劣る?

どうやら開発に遅れを取るジェフ・ベゾスのパフォーマンスに見えますね。

クルードラゴンが3日間の周回軌道に対し、ブルー・オリジン僅か10分?

んー素人目にはどう見たってスペースXの開発力が優れているとしか・・・

いえ、カーク艦長が宇宙へ行ったことは本当に夢があることだと思いますよ、本当。

N(6)

濃厚なキスに満足すると、私のくちびるはNのくちびるを離れ、フェイスラインをなぞり、首へと下がっていった。

そして、鎖骨のあたりを吸い、乳房に手を置いた。

白く豊満な胸は横になっても崩れることなく、ゆっくりスペンス乳腺に沿って手に包むと柔らかく弾んだ。

静かな吐息が洩れる。

だが、私には元より胸にはこだわりがない。

Nの形のよいバストには喜んだものの、どう攻めればいいかわからない。

昔流行った漫画に『ぱふぱふ』なんてものがあったが・・・

あれはあくまで漫画の世界だろうと却下。

あぁ、そういえば『パイずり』が気持ちいいと昔の知人が言ってたっけ。

あとで聞いてみよう。

結局、いつものパターンで攻める。

乳房を揉み乳輪を舐め、乳首を吸う。

吐息と共に洩れる声。

だが、それまでだった。

私の欲しい鳴き声は得られなかった。

不感症なのかテクニック不足なのか。

この時は後者だと思った。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

個人撮影会

ミケです。

行ってきました!

個人撮影会!!

個人と付いているので、一つの部屋にモデルさん・私・スタッフさんの構成だよね。

と思って応募したんですが。

会場のビルに着くと、撮影会の名前が書かれたメニューボードの前に佇む1人の男性。

えっ?1人じゃないの?

どういうこと?

その男性を横目にズンズカビルの中に入っていくと、その男も付いてくる・・・

えぇー?!

ちょっ、ちょっと待って!?

団体で撮るの?

聞いてないよッっ!?

エレベータの前で待ってたら機材道具持った男が3~4人増殖!!

うーん・・・(汗)

個人とは私の考えている個人ではない?

やめよっかな・・・

機材が揃っていないのもあるけれど、私は障がいがあるのでそれを見られるのが嫌なのだ。

会場フロアに着き、狭いエレベータの中から出るといきなり受付。

見ると、受付嬢が数枚の紙を繰って

「はい、☆☆さんで○○さん。◼️万▲千円」

私の参加するモデルさんの名前と違うし、値段も違う。

あ・・・合同撮影会か!

一つのスタジオ(仕切りのない1フロア)で銘々用意された椅子やソファー、ベッドで1時間ポーズを取って撮影する。

まぁそんなもんか・・・

知名度の低いモデルさんとカメラ小僧が借りられるスタジオといえば・・・

それにしてもみんなこぞって一眼レフ。

10年前に買ったコンデジとスマホしかない私はエラい肩身の狭い思いをすることになる。

待機所も狭く、気の利かないカメラ小僧がふてぶてしく一角を占領している。

これだから・・・

モデルさんたちが出てきた。

いつもスマホで見ている顔があった。

そばに寄り挨拶をした。

こんにちは。よろしくお願いします。

「こんにちは~こちらこそよろしくお願いします」

なぜかそわそわしている。

「うちだけテイスト違う・・・」

確かに毛色が違う。

私も機材こんなのしか持ってない(笑)

「私の撮影会はみんなスマホで撮っとぅよ~」

まぁまぁ毛色の違う者同士、始めましょうかo(^o^)o

私のモデルさんは私にとって懐かしい言葉を使っていた。

そこも狙いだった。

楽しくおしゃべりをしながらの撮影会。

2人の世界に入り込むのに1分もかからなかった。

それはここにいる人間全てに言えることではなかったか。

各々が夢中になってモデルさんとコミュニケーションを取りながら撮影をしていた。

あっという間の1時間だった。

こういう世界もあったか。

この次が楽しみだ。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

N(5)

ミケです。

あり得ない光景を目の当たりにしました。

帰宅時や休日に利用させてもらっているスタバ。

隣に大学生くらいの女子4人が座り、壮絶な内容の会話。

「ゴムしてるでしょ?」

「えー?してないよー」

「えー?してないのぉー?」

「うーん、一回取れちゃってさぁ・・・もう面倒になっちゃってそれからしてないんだー」

「そーなんだぁ彼めっちゃ喜んでるでしょぉ」

「そーなのかなぁ」

「あーそういえばティンバーで知り合った彼ってどうだったのよ?」

「違うよーティンバーじゃないやつー!」

「いくつぐらいの子?」

「あー25位だったかなー」

「でどうだったのよー」

「もぅ最悪だったぁ・・・カンジダみたいになっちゃってーもうマッチングやんないー!」

こんな会話をスタバでする女子って・・・

耳をそばだてているわけじゃないですよ。聞こえてくるんです。

見た目もお洒落も普通のかわいい女の子たちなんですけどね。

まぁスタバでこんなん↓書いてるオッサンもいますけど(汗)

こんなに気持ちいいFは初めてだった。

うまいね。

「イヒッ」

Nは満面の笑顔を見せた。

私が起き上がりベッドの足元に移動する。

Nは狭いベッドの上でなんとか私と位置を交代し、仰向けに寝た。

顔を近づけてキス。

いきなりディープキスはしない。

この頃はもう軽いキスも覚えて、ムードも楽しめるようになった。

ついばむように、Nの上くちびると下くちびるを私のくちびるが交互に食む。

Nもそれに合わせて私のくちびるを食む。

この瞬間がたまらなく好きになっていた。

もちろんお金が介在しているが、気持ちが確認できるような気がした。

徐々に舌を入れるキスも交え、Nの反応を楽しんだ。

うん。うまい。

ちゃんと私を受け入れてくれていると思った。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

防犯登録

ミケです。

とーいさんにいただいた自転車。

防犯登録をしないと面倒だなぁと当初から思っておりました。

職質されて、どこで盗んだんじゃワリャァ!!とか凄まれても困りますし、盗難にあっても届け出もできない、なんてことになっても困ります。

でも、もしかしたら防犯登録する際にとーいさんにもご迷惑(立ち会い等)をお掛けするんじゃないかしら?

と思ってググってみました。

大丈夫そうです。

自転車の譲渡の場合は簡単に自転車屋さんでやってもらえると。

とーいさんから自転車をいただいた翌日、マッサージ屋の帰りに自転車屋に寄りました。

ディレイラーの調整と防犯登録をするために。

「や、防犯登録のやり直しはしないよ」

え?!でもネットでどこでもできるって・・・

「もう個人情報も厳しくなってね。それにネットで悪さする人もいるから」

そ、それじゃどうすれば・・・

「やりたいんだったら買ったところでちゃんとするしかないね」

・・・

どうしよう?

防犯登録の管轄といったら警察じゃないか。

よし、警察・・・署じゃなくてもいいか。

交番で。

もらった自転車を防犯登録したいんですが、どうすればいいんですか?

「自転車屋さんでできますよ。」

ええ。そう思って行ったんですが、かくかくしかじか・・・ 

「そうですか・・・でも、我々も自転車屋さんの防犯登録っていうネットワークのデータベースを借りているだけで、手続きや保管はやっぱり自転車屋さんになってしまうんですよ」

えぇ~!?いただいた方は都外にお住まいで、これを買ったのは横浜(違いますか?笑)だって聞いてますが・・・

自転車屋さんのいう通りだと横浜に、しかもいただいた方に同行願わなくちゃいけないんですか?

お巡りさんも困惑しながら

「もらったのは事実ですから、職質受けたら、そのことを言ってもらえれば大丈夫ですよ。」

と言った後

「まぁご迷惑お掛けすることもあるかもしれませんけど・・・」

って。

それ、それが一番困る事態なんだよ!

「そんな堅い自転車屋さんばかりじゃないと思うんで。やってくれるところを地道に探してください」

んー・・・

参った。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

小旅行(復路 3)

ミケです。

とーいさんにいただいた鍵。

油を差して一晩置いておいたら、見事復活していました。

あれって解錠すると真ん中が飛び出す仕組みになっているんですね。

で、閉めるときに飛び出したところを押して施錠完了。

なるほど。

本題―

標識が東京から都内の地名に変わる。

あれ・・・

普段聞いたことのある地名が矢印の先に並んでいるが、どちらが私の家に近いのかわからない。

停まってスマホを取り出す。

うーん・・・

交番が横断歩道の先に見えたが、防犯登録がとーいさんのままになっているのを思い出し、自己解決を目指す。

こんなところで疑いをかけられても困るのだ。

この道は真っ直ぐ行って、分岐してるところを右か。

よし。

足の動きが悪い。

バイクを跨ぐのも一苦労だ。

でももうこの地は東京なのだ。

がんばろう。

標識に私の知っている地名が出てきた。

やっとここまで・・・

もう、足がペダリングの範囲しか動かない。

川が見えてきた。

荒川だ。

最後の難関。

バイク・・自転車でこの川を渡るのは大変なのだ。

とにかく行ってみよう。

大きな道を反れ、川沿いに道を進む。

堤防と普通の道を繋ぐ坂がいくつも続き、心が折れそうになる。

ようやく平坦な道に出たと思うと、川から離れていく。

遊歩道だけが川に沿って続いている。

どうやら道を間違えたようだ。

大回りして一番近い橋へ戻る。

知っている道に辿り着くよりも、荒川を渡ってしまうことが先だということに気付いたのだ。

橋のほとりでバイクを降りると、足が悲鳴をあげた。

伸ばした足を曲げると腿がつった。

ここで?

まだ知らない道なのに・・・

しばらく立ったまま腿にマッサージを施す。

痛みが和らぎ、行けそうな感じを取り戻した。

もう一度マップを確認。

近い。

マップを頭に叩き込み、パンツァーフォー!(なんでや 笑)

くっ・・・!また太い道が・・・

停まらなければならないが、また腿がつりそうになる。

もう続けてペダリングもできず、1~2回回して惰性で進む。

それでも暗い道を進むとショッピングモールの大きな建物が見えてきた。

進んできた方向から考えると、私の愛車でよく来ていた所だが、見たこともない建物だった。

もしかしてこっちが正面?

構わず進むと、見慣れた一角が見えてきて、私の想像が正しかったことを証明した。

心底ホッとした。

あぁ、やっと・・・!

ここから10分・・・位だったな。

最後の力を振り絞る。

だが、あと数kmのところで信号に捕まり、足を着いた瞬間腿がつった。

ぐおぉ・・・

倒れ込むようにバイクを降りたが、もはや足を伸ばしても曲げてもつる状況。

おおぉぉ・・・!

我慢して座り、マッサージ。

やがて痛みは治まり、走行可能な状態に。

家に着く前に、パスタが食べたくなったのでその食材とコーラ(!)※を買いました。

※パスタはエネルギー補給食として有名ですが、炭水化物であればなんでもいいようですね。そして、前に摂るのがいいのであって後では・・・(笑) コーラもグランツールで有名な飲み物。要はそんな気分になっていたのです(笑)

レジ待ちがツラかった。

行く前は2時間ちょっととかナメたこと言ってましたが、4時間弱かかってしまいました。

しんどい(笑)

とーいさん。

ありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

小旅行(復路 2)

ミケです。

またしばらく行くと、今度は折り畳みのミニサイクル。

学校指定のジャージみたいなズボンを履いた青年が立ち漕ぎしている。

ミニサイクルにしてはスピードが出ているのと、ちょっと小太りだったのでダイエットかな?

もちろんこんなのに関わってはいられないので、さっさと躱す。

陽も大分傾いてきた頃、ようやく現れたロードバイク乗り2人。

装備も完璧な赤いウェアの兄ちゃんと、バイクは古いがきちんと整備はされていて、ハーフのカーゴパンツにメットではなくキャップのおっちゃん。

この赤い人は間違いなく早いです。

どぞどぞと道を譲る私(笑)

敵いっこありません。

トレイン組んできたのかしら?

それにしてはカッコが違いすぎる・・・

店の主人のおっちゃんが赤い人の調整後の調子を見てるとか?

おっちゃんはそんなラフな感じ。

50m位離れて後を付いていきましたが、交差点で赤い人は左へ曲がり、おっちゃんは手を振り、声をかけたようでした。

どういう関係だったのか。

おっちゃんの後を付いていき、おっちゃんは右へ。

それから単独行が続きます。

道が登っていき、遮音壁が見えてきた。

これは進んじゃいけない道だ。

とーいさんが横に下道があると言っていたっけ。

あれか。

細い道へと進む。

車止めがある。

なんの疑問も抱かず侵入。

しばらくは遮音壁と平行して道が続いていたが、やがて道だけが左に曲がり、川が見えてきた。

行きたい方向には歩行者専用道路の車止め。

逆方向にしか道はない。

どうやら道を間違ったようだ。

太い道に出てから、スマホを出して居場所を確認。

国道から大分外れている。

ここからは・・・

ここを真っ直ぐでいいのか。

じきに国道の標識が見え、無事合流。

すでに黄昏時だ。

半分位きたのだろうか?

足が疲れてきて、信号機で停まるのが億劫になってきた。

ギアを入れる腕もパンパンになってきている。

そういえば、信号機間の距離もかなり狭まっている。

無心で回していると、東京まで20㎞の標識。

もう陽は沈み、スピードを出すのが怖い。

車列の灯りが頼りだ。

そこに一台、私と同じようなスタイルのロードバイク乗りが出現。

多分あちらの方が性能は上だがヴィンディングではない。

お供させてもらおう。

スリップストリームには入れなかったが(迷惑行為だからやめましょう)、彼をペースメーカーとして後を付いていく。

大分楽ができた。

そうして彼もどこかへ行ってしまった。

ふと気付くと標識が都内の地名に変わっていた。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

小旅行(復路 1)

ミケです。

結構長くなってしまったので分けます(笑)

すみません。

とーいさんとは一度お話ししてみたいと思っていました。

それがこんな形で実現するとは。

読者がいるのかいないのかわからない、こんなブログでもやっていてよかったな、と思いました。

勝手にとーいさんは自転車を引いていらっしゃると思った私。

まさか、お車に乗せていただけるとは!

BMWってあれが標準装備?

本当にコックピットという感じでカッコよかったわぁo(^o^)o

駅の近所のファミレスでしばしの歓談。

・・・と思ったら2時間を経過しておりました。

ご迷惑かなぁと思いつつ、締めの言葉が言えず、結局とーいさんに促されてしまいました。

ダメだな、私。

そんなんで、とーいさんのお宅までドライブ。

男子だったらこんなコックピットに憧れるよなぁ・・とか思いながら。

ご自宅前でキャデラックのチャリとご対面。

おぉ!!

黒塗りの車体に金色のパーツがシャープでカッコいい。

お乗りになっていないとお聞きしていたものの、街乗りにするには十分です。

新調したヘルメットとグローブを付け、いよいよ発車。

おぉ!!

軽い!!

これはいいものです。

国道まで伴走していただけるということで、お言葉に甘えます。

どんなにゆっくり走ってもそこはBMW、すぐに離されてしまいます(汗)

200m位離されたところでとーいさんが停車。

降りて待ってて下さる。

トップギアに入れる・・・

ぐっ・・・!

ディレイラーがうまく動かない。

こういうことか。

まぁ何回か入れれば入るので、騙しだまし使っていくしかないか・・・

明日調整だな、などと思いながらとーいさんに追い付きます。

おお!!

ブレーキもよく効く。

ここからの道をざっと教えていただきます。

本当にありがとうございました。

さぁ、ここからが本番だ。

ほぼトップスピードで走っているつもりだが、下ハン※が欲しくなるほどではないから、本調子ではないようだ。

ブランクが響いているのであろう。

※下ハンドル。ドロップハンドルの下側のハンドル。とーいさんにいただいた自転車はT字ハンドルだから下ハンはない。

それにしても信号機の間の距離が長い・・・

こんなに堪えるものだったか。

しかし、風を切って走っているせいか、汗はそんなにかいていない。

10分ほど走ったところにコンビニがあったので、水を購入しようと自転車を停める。

とーいさんにもらった鍵・・・

あれ?外れてる。

鍵を回してみると半分しか回らない。

うーん・・・ベアリングが固まっちゃってるみたいだ。

油差したらまわるかな?

というわけで、簡単な方は使えずサドルの下にあった、なが~いワイヤーキーを使うことにしました。

うーん・・・

買わないとダメかな。

水を買って、リスタート。

しばらく進むと、女性ロードバイク乗りが独りで走っています。

メット、グローブ、ウェアからヴィンディングまでしっかり装備してらっしゃる。

巡航速度で追い付いたものの、抜くには勇気がいる。

完璧な装備のロードバイク乗りは女性といえどバカにできない。

まして間に合わせで買ったグローブとメット以外、ほぼ街乗りスタイルの私。

抜いて、彼女の闘争心を煽りでもしたら・・・

しばらく後ろに付いて様子を見る。

遅い。

よく見ると、回しては休み、回しては休みを繰り返している。

かなり疲れているな。もうひとっ走りしてきたところか

そう思って抜くことにしました。

失礼。

先を急がねば。

まだ四分の一も進んでいない。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

小旅行(往路)

ミケです。

先週、国民民主党の政策発表がありました。

内容は酷いものでした。

『積極財政に転換』といいつつ、10万円給付で国庫を無駄に枯渇させるという。

10万円もらったところで貧乏からは抜け出せません。

『給料が上がる経済を実現』と、お?っと思って内容を見てみると、また国庫を疲弊させるだけのもの。

ベーシックインカムなんて不正受給者が増えるだけだし、今の日本にはいらんと思う。

中小企業の最低賃金を引き上げ?

なにいっとんじゃ・・・

それよりも先に、無駄としか言えない大企業の留保利益を使って賃金を払うような政策にしてもらわないと。

上(大企業)がちゃんと落としてくれれば、下も潤うんじゃ。

なに大企業の経営者に媚売ってんの?

また中小企業いじめ?

ダメだな、この政党。論点がアホすぎる。 

で、小旅行。

とーいさんに自転車を頂けるということで。

私が住んでいる所から電車で1時間半。

帰りは頂いた自転車に乗って帰ってくるから、道を知っていれば2時間ちょっとかな?

道を知っていれば・・・

上京してもう20数年経ちますが、ほとんどが電車移動。

まさか自転車で知らない街をこれだけの長距離移動するとは思ってもいませんでした。

無事帰ってこれるのか(汗)

学生の頃は結構やっていましたが、いずれも田舎道で東京のように入り組んではいませんでした。

そして、多分最高移動距離になります。

不安しかないf(^_^;

と、心情を吐き出していると、電車が空になっていく。

おや?

NAVITIMEではこのままとーいさんの指定された駅まで行くはず・・・

あれ?

この駅には駅名標もない・・・

ここはタイか?(笑)

タイの駅も不親切で表示がなく困ったことを思い出しました。

自分がどこで降りたのかわからない・・・

しょうがなくホームを下り、コンコースへ。

ここでもなかなか見つけられない。

振り向くと階段に行きたい駅の名前があったので、取り敢えず上り直す。

しばらく待ったが右も左も戻る方向の電車しか来ない。

うーん・・・

と、向かいのホームに停まっている電車を発見。

あっちか?もしかして・・・

スマホを片手に急いで駆け降り、また駆け上る。

またもやどこ行きの電車か表示していない。

駅員はいるが、アナウンス中で邪魔はできない。

結局その電車は見送り、大分離れた所に電光掲示板を見つけ、行き先と次の発車時刻を確認。

・・・

なに?!

15分後?!

いくら休日とはいえ、15分も待つとは・・・

とーいさんにお知らせしておいた時間も大きくずれ込んでいます。

果たして30分以上の遅刻で到着しました(汗)

ロータリーへ出ると、なんとまぁ爽やかな青空。

サイクリングには持ってこいの天気。

見回すと白いBMWが停まっており、そのドアを入念に磨いている男性がいらっしゃいました。

遮るものもなく、周りに人もいなかったので、すぐに気付くと思って近付きました。

すると普通に声をかけるまで気付かれませんでした(笑)

ミケです。

「あっ、どーも、もう着いたんですか?」

よほど没頭されていたようで。

この後、こちらの希望でおしゃべりタイムを設けていただきました。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

N(4)

ミケです。

しばしNの胸に見とれていると、

「イヒッ」

とNは奇妙な擬音語を発し、笑いながら顔を下にずらした。

私の乳首を舐め出す。

はぁ・・・

気持ちいい。

半勃ちだったものが完全に硬直し、Nのお腹をつついていた。

「んふふ」

意地悪そうに笑うと

「さっきからお腹に当たってるものはな~に?」

と聞いてきた。

はは・・

笑うしかなかった。

Nはタオルでできたテントを剥ぎ取ると

「わぁおっきいねぇ」

と予想とあまり違わない反応が返ってきた。

ここまで同じようなリアクションが続くと、自分の持ち物が大きいと自覚せざるを得ない。

私は横になり、Nは私の開いた足の間に座り込む。

そして私の不遜な持ち物をNの小さい口が咥える。

Nの口内は温かく、ゆっくりと上下に動き始めた。

はぁぁ・・・

思わずため息が出る。

そのゆっくりとした反復運動は徐々に私の持ち物を唾液まみれにしていった。

Nの薄いくちびると少しざらっとした舌の感触、そして口の中の温かさが三位一体となって攻め立てる。

それにNの唾液がローションの代わりを果たし、滑りを良くする。

堪らなく気持ちよかった。

Nは時折、根元まで呑み込んだ。

えもいわれぬ快感だった。

Nのくちびるが纏わりつき、吹きかけられる熱い吐息と、根元の裏側にあたる舌の感触。

今までに味わったことのない気持ちよさだった。

Nの頭を押さえ付け、私のリズムでバウンドさせたい衝動に駆られた。

だが、Nの瞳に涙があふれそうになっているのに気付き、そんなことはできなかった。

Nの頭に優しく手を置き、股間を這いずり回る快感に身を委ねた。

永遠に続いてほしいと願うもののそれは叶わず、Nは顔を上げた。

少しむせて、自分の涎と涙を拭きながら、きれいに笑った。

「気持ちよかった?」

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村