デーモン小暮のA.N.N.

ミケです。

やはり、私の人生の大部分を支配していた聖飢魔IIの存在も書いておかなければならないでしょう。

初めての出会いは当時学校でも流行っていた『デーモン小暮のオールナイトニッポン』。

いや~30年以上のことなんで、もうすっかり内容は忘れていました。

そこでググると、思い出しますね。

『夜霧の横綱審議会』『いい味出してる』一番好きだった『職人気質物語』…

南野陽子の

ダダダダ大徹 

ダダダダ大徹 

大徹大徹 

頑張ってね

とか

BABE 近藤智子の問題発言

とか

ぬらりひょん吉

とか

本当に懐かしい。

で、この番組の冒頭で長らく流していたのが「1999 secret object」という曲で、4枚目教典の中に収録されています。

音楽でカッコよさを感じたのはこれが初めてでした。

それこそ衝撃的でした。

これは買わなきゃと、なけなしのお小遣いで買った『BIG TIME CHANGES』というカセットテープを聞いて…

他の曲はあんまりカッコよくない…

というより、曲調と言っている言葉がおどろおどろし過ぎて、まだ少年の私には過激でした。

でも、聴く音楽といえば、これと先に買ったレベッカの『POISON』しかありませんでした。

POISONはなんで買ったんだろう?

ちょうど「Nervous But Glamorous」がソニーのCMで流れてて、同級生からもカッコいいって聞いてたからかな?

よく覚えていません。

でも、後に東日本大災害の復興ミサ(両国国技館)において、nokkoがゲスト出演した際に聖飢魔IIとは同じFITZBEATでよくつるんでいたということが判明。

こんなところで繋がるなんて…

すみません。脱線しました。

で、2本のテープを交互に聞いていくうちに次第に聖飢魔IIのサウンドが耳に残るようになり、レベッカは排除され、聖飢魔II一本に絞られました。


にほんブログ村

投稿者: mikenojo

♂身体障害者。 CFP®認定者。 現在、某グループ会社の一つに出向中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です