色道

ミケです。

今、ソイ・カーボーイさんがパタヤから国内のフィリピン・パブに舞台を移し、そこで生きる男女の愛憎劇を描いてらっしゃいます。

憧れのパタヤライフ

とても面白いのですが、少し遡りまして4月18日の『欲望と恐怖』で疑問符が浮かびました。

冒頭で

“男というものは、パロパロはしたいのだが、何故だか本命のお気にの陰には常に怯えている。”

と男のパロパロ性について定義しています。

おや?そうなの?と。

そうでない男もいるんでない?と。

私は・・・

お恥ずかしながら、社会人になってからこの歳になるまで、適齢期の女性と知り合う環境には恵まれませんでした。

しかし、女の子としゃべりたい、仲良くしたい、ヤりたい、という衝動には抗えず、風俗という安易な道を選びました。

そんな茨の色道のなか、私は一人の嬢に躓いては4~5年その嬢一人に通い続けるといった性癖があるのです。

もう他の女性は目に入りません。

4~5年しか続かないの?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、全て嬢側の都合で終わってしまうのです。

消えてしまったり、いつまでも収入が上がらない私に愛想を尽かして連絡を断ったり…

念のために、ストーカーではありません。

女性が拒絶の意思を示せば退きます。

そこまでひどい断わられ方もされたことはありませんが。

話が逸れましたが、私にそういう性癖があることを私自身知っているので、普通の恋愛だったら一人の女性を愛し続けるんだろう、と思うのです。

私がタイへ向かうのも、パロパロ、じゃなかったバタフライが目的ではなく、嫁探しができれば・・・なんていう壮大な目標があるからです。

そんな私の、茨の色道をお話ししましょうかね。

にほんブログ村

投稿者: mikenojo

♂貧乏サラリーマン。 身体障がい者。

ディスカッションに参加

2件のコメント

  1. みけさん、こんにちは。
    みけさん、風俗王だったんですね。
    私も40代は池袋、西川口に通いました。
    やはり、お気に入りができると、その娘オンリー派でしたね。それぞれ闇を抱えて懸命に生きており、応援しておりました。
    死ぬまで男性は女性好きなんだと思います。それを表に出すか、隠しているかだけの差で、皆同じ穴のムジナです。
    コブクロのクロちゃんも不倫でたたかれていますが、お金と人気があれば、必ず愛人は作るもので、批判している方は、単なるやっかみだと思っております。
    ブログ、続けてくださいね。応援しております。

    1. こんにちは。
      ようしんさん。お久しぶりです。

      風俗王とは・・
      照れますなぁf(^_^;
      (テレるところ?
      いえ、好きで通っているわけでは・・・
      悲しき男の性でございますよ(-_- )

      >池袋、西川口に
      池袋は最初のイメクラで行き、それっきりだったのですが。
      最近は吉原が廃れてしまい、デリヘルが台頭して、私も例に漏れず新宿、池袋、五反田界隈を徘徊しております。いえ、しておりました(笑)
      この意味わかりますよね?( *´艸)
      西川口は懐かしい街ではありますが、かつての繁華街とは無関係です。
      いずれお話できると思います。

      >お金と人気があれば、必ず愛人は作るもの
      マジっすか⁉️
      生憎そういう境遇にはとんと縁がないもんでf(^_^;

      ブログは当分やめません。書かない日が増えたりするかもしれませんが。
      ありがとうございました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です