始まりの終わり

ミケです。

シリーズ『始まり』は長くなっちゃいました。

20年以上前だというのに覚えてるもんですね。

終わった後どのような心持ちだったかというと、これがよく覚えていません。

女性って素晴らしい!と感じたのは確かです。

イメクラでは感じられなかった満足感が得られたのです。

それから、う~ん・・・

後半戦がみじめな有り様だったので

始めてでもここまで満足できたのだから、次はもっと満足できるはずだ。

次はもっとがんばろう。

とでも思ったんでしょう。

まぁ、私が20年以上繰り返している行為は人間として最低です。

軽蔑される方もいらっしゃるでしょう。

タイの素晴らしさを教えてくれた私の先生は

金を払って女を抱く糞野郎

と自虐しておりますが。

私は私で最低な人間なりの、嬢に対するリスペクトを忘れません。

それが嬢に惚れ込んじゃうってことに繋がるんですかね。

性産業は禁止すべきだという声もありますが、外野の論ずべきことではないと思います。

当事者同士の利害は一致しているのですから。

そういう論者は性産業を取り上げた後、関わっていた人たちにどう補償を与えるのでしょう?

韓国の女性が言いました。

「日本っていい国ね。こういう商売が許されている。韓国は許されていないから、性犯罪が絶えない。」

韓国は儒教の国として有名ですが、儒教の功罪についても教えてくれました。

日本でいう性産業は韓国では社会の底辺にいる人間がやるもの。

そんなことをする人間にはどんなひどいことをしても構わない、という文化が根付いている、

と。

そして、そういった差別や犯罪が絶えない、と。

つまり、儒教において人間に格があると教えられ、風俗業界で働いている人間は屑だから何をしても構わない、というのが韓国社会だ、と。

こんな話を聞いて、今の日本も捨てたもんじゃないなと思いました。

この次は2回目の吉原で起こったちょっと残念な話をしましょうか。

にほんブログ村

投稿者: mikenojo

♂貧乏サラリーマン。 身体障がい者。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です