オキニ(1)

ミケです。

『呪術廻戦』GWに一挙放送されたのでビデオで見てますが。

面白いんですかね?

大体、呪いを擬人化するのがどうも飲み込めなくて。

Wikipediaにも

呪い(のろい)とは、人または霊が、物理的手段によらず精神的あるいは霊的な手段で、悪意をもって他の人や社会全般に対し災厄や不幸をもたらせしめようとする行為をいう。

とあります。

つまり

“人や霊という元凶となる対象が行う厄介な現象”

と私は捉えておりまして。

呪い自体を攻撃しても根本的には解決しないと思うわけです。

そこら辺を含めた壮大なテーマでしたら、最初に説明してくれないと、んーなんなんだろう?と疲れちゃいますね。

さて、2回目が残念な結果になってしまったので、3回目は違う店にしてみました。

値段も2時間40,000円とちょっとお高めのお店に。

フリーで行ったか指名して行ったか忘れましたが。

例によって階段でのご対面。

出ました!

小柳ルミ子のような幸薄き美人さん。

もちろん今のイメージじゃなくて、『白蛇抄』時代の。

モロタイプです。

そしてこの嬢も苦いキスの味がしました。

このお店はベッド→マット→ベッドの3回戦。

終わった後、別れるのが惜しくて、見返り柳の意味を改めて噛み締めました。

次の給料日が待ち遠しくて。

初めてのオキニとなりました。

何回か通って

「そんなに私を指名してくれるなら、いつもの値段でダブル取ってもいいよ」

と言ってきてくれました。

ダブルとは1枠2時間を2枠分取るということで、料金は当然倍かかります。

今はそんな店もなくなったと思いますが、当時は入り口で入浴料として10,000円を払い、部屋に入って嬢にサービス料として30,000円を払うシステムでした。

彼女は

入り口で20,000円出して、部屋で20,000円渡してくれれば4時間いてもいい

といってくれたのです。

にほんブログ村

投稿者: mikenojo

♂貧乏サラリーマン。 身体障がい者。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です