オキニ(2)

ミケです。

ちょっとペースを落とします。

ブログを書いているとなにもできなくなってしまうので・・・

さて、正にきれいなお姉さんという表現がぴったりな美人さんから、破格な提案を受けるミケ。

えっ!?いいんですか?

「いいよ。お兄さんかわいいし、話くらい聞いてあげるわ」

“かわいい”

目上の女性からはよく言われた言葉だ。

私の容姿は決してかっこいい部類じゃないし、かといってかわいいとも言い難いのだが。

強いて言えば、三枚目。

女性には私がどう見えていたのか、不思議でならない。

当然次に会う時にはダブルで予約をした。

そして、当日はいつもより長く攻めていた。

すると、

「ねぇ、私は話を聞くって言ったんだよ?」

え?・・・

固まる私。

「時間一杯やるんだったらちゃんとお金取るよ」

冷水をかけられたように動きが止まった。

勘違いも甚だしいとはこのことだった。

そのまま動けずにいると

「まぁいいわ。もう入れて。余計なことしないで早くイってね」

はいっ!(汗)

普通なら、こんなこと言われたら萎縮して、勃っていたものも萎えてしまいそうなものだが・・・

急いでお姉さんの言うことを聞いてイケたのだ。

若いって素晴らしい。

「ここからはおしゃべりだけね」

はい(汗)

それからダブルは取らなくなったが、性懲りもなく1ヶ月に1回は会いに行っていた。

そしてまだ会って1年も経っていない、ある日のこと。

仕事から帰ると留守電に彼女の声が入っていた。

にほんブログ村

投稿者: mikenojo

♂貧乏サラリーマン。 身体障がい者。

ディスカッションに参加

2件のコメント

  1. こんにちは。ミケさん。
    ブログ面白いですね。
    それと文章構成が凄く読み
    短編小説を読んでいる気分
    でした。

    1. わぁー❗❗
      ソイさん。
      ありがとうございます。
      私のブログを紹介していただいた上にコメントまでいただけるとは❗

      いえいえ、私なんぞは・・・
      毎日欠かさず6:00にあの量、質のブログをUPするソイさんってスゴイなぁと思っております。
      私はこれしきの量でもう音をあげておりますからね(´Д` )
      でも、ここはおほめのお言葉、ありがたくいただいておきまする。
      今後ともよろしくお願いします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です