I miss u

ミケです。

なんか嫌な感じですね。

私の最寄り駅周辺では天下のセブン&iHD系の店舗を始め、ドラッグストア等、次々と経営時間の短縮を進めています。

私のような独り暮らしのサラリーマンにとっては大打撃となっております。

そして、マスクはもちろん、紙不足…

何を考えてるんでしょう。

まぁ影には転売を稼業にしている輩がいるとかで。

転売がいけないとは言わないまでも、生活必需品で不当に儲けたら実刑を課す、ぐらいのことはしてもいいかもしれませんね。

というのも、トイレットペーパーもティッシュペーパーも、今使っているのがなくなったらもう終わりなんですよ…orz

先週替えを買いに行ったら売り切れちゃってて。

ティッシュペーパーは旅行用のポケットティッシュがまだあるからなんとかなるとして…

トイレットペーパーの厚みがあと1㎝…(-_-;)

ヤバいです。

あ…これも旅行用のお尻セレブが何袋かあったな…

てか、もうなんとかして(´;ω;`)

かくなるうえは会社のトイレからちょっぱるしかない…

なんて冗談にもならないことが現実になっちゃいます。

そうそう、でお題目。

これ、かの地でLINE交換したら暫くの間、お嬢さんから送ってくるメッセージですよね。

me too

とかなんとか返したりして。

私も例に漏れず、こういうやり取りはやっていますがf(^_^;

でも、毎回これでは間が持ちませんよね。

で、どちらからともなく連絡しなくなっちゃうパターンが多いんですねぇ┐(´д`)┌

でも、それで終わらないお嬢さんも世の中にはいるもんだなぁ、と思いました。

先日、何気ないやり取りを夜に送って昼返ってくる、なんてペースで繰り返してたんですよ。

そしたら、仕事から帰ってハンガーにコートやらジャケットやら掛けてると、珍しくLINEに音声着信が…

見るとお嬢さん。

なんだろ?

面と向かって話すのには抵抗はなくなりましたが、まだ電話は…

とにかく出てみます。

私:Hello

お嬢さん(以下、嬢):Hello

なにやら私が出たこと自体嬉しいらしいf(^_^;

嬢:how are u?

笑い声が洩れます。

私:fine and u?

相手が電話の向こうでもにこやかに受け答えしているとわかれば、自然にリラックスしていつものコミニュケーションがとれるものなんですね。

何をしてたか?

帰ってきたところだ。

コロナは大丈夫か?

大丈夫だけど、お嬢さんは?咳が出てるみたいだけど。

コロナじゃない~!

なんて結構話せました。

他にも他愛ないことを話しましたが、驚くことを言ってきました。

嬢:Iwant ur photo

は?

恥ずかしながら、こんなこと言われたことがありませんでした。

それなりに付き合ってきた女性にも(-_-;)

私の写真?変な顔だから、別にいらないでしょ

嬢:Please ur photo~; ;

泣きそうな声で言ってくるもんだから、

わかったわかった、後で送るよ

嬢:I want to see ur room

へ?

嬢:Photo~

はいはいf(^_^;

思えば、お嬢さんはこちらの要求がなくても自分の写真を送ってきています。

それに不公平に感じたのかも、と思い、仕事着のままの私の顔と行き場のない私服の掛けてある壁を撮って送りました。

すぐさま既読になり、like と書かれたスタンプと5つぐらい笑顔のスタンプを送ってきました。

それにしても私の写真を欲しがるなんて、もしかして犯罪絡み?と考えもしましたが、途中でこの子に限って…とやめました。

まぁ色んな子がいて楽しいじゃないですか、タイってところは。

にほんブログ村

野村のスリーゼロ?

ミケです。

情報としては遅いですよね。

すみません。

昨日の日経新聞で初めて知りました。

は?

という方のために。

投信(投資信託)という金融商品があって、このスリーゼロって商品は手数料がゼロになるっていうお話。

投信を保有するには3つの手数料(買う時、保有している間、売る時)を払わなきゃならないのですが。

昔これでアコギな商売をしていた金融業者に怒った金融庁長官が、手数料を下げろと一喝して、かなり安くなりました。

そんなんで、つみたてNISAという口座で買える投信は軒並み、買う時(大抵売る時も)の手数料はゼロとなっておりました。

でも、お客さんが保有してる間は諸経費がかかるんで、そこは払ってくださいよっていうのが常識でした。

で、野村はその”保有してる間”の諸経費も自腹切るよっていうのが今回の話。

1.買う時 2.売る時 3.保有してる間、の3つの手数料がゼロ、っていう意味かな?

でも、あんまり魅力はかんじないかなぁってのが正直な感想。

最初、新聞の見出し読んだときには

え?手数料ゼロ?

そんなん野村だからやっていけるのであって、他の証券やってけねぇよな?

潰しにかかってるのか?

独占禁止法に引っ掛かるんじゃ?

等と思いましたが。

販売規模や販売経路はかなり制限されていて、な~んだっていう感じです。

先程も出てきた『つみたてNISA』専用投信のみだそうで。

『つみたてNISA』ってのは1年40万円まで20年間(合計800万円)という制限があります。

つみたてNISAで買える同じような投信は大体0.2%の手数料を払います。

1年満額買ったとしても

40万円×0.2%=800円

これをゼロにしますっていわれても…

大体つみたてNISAだって私から言わせれば微妙な口座でして。

証券会社は騒いでるようだけど、そんなに慌てなくてもいいんじゃ?

にほんブログ村

お嬢さんから

ミケです。

確定申告が4月16日まで延長しましたね。

これだけコロナが騒がれていれば当然といえば当然なのかもしれません。

でも、これってすごいことだと思います。

国民の三大義務の一つの納税に関して、国が動いたということですから。

確かに確定申告の時期の税務署は混みますからね。

少し暖かくなってから行けるというのは嬉しい話ですね。

でも、納税義務のある方は忘れないでくださいね(^^)b

証券や不動産等を去年売った方は利益が出ている場合はもちろん、損失でもちゃんと見直してくださいね。

さて、今回の訪タイで一緒だったお嬢さんとLINEで頻繁に連絡するようになりました。

行く前は必要な事項だけ連絡してたんですが。

お嬢さんの方でも、来るのか来ないのかわからんオッサンに深入りは出来ない、とでも思っていたんでしょうか。

他愛ない話から始まりますが、突っ込んだ話になることも多いです。

ちょっと嬉しいですね。

そんなお嬢さんが日本に来て私と一緒に住みたいと言ってきました。

えぇ?!( ̄▽ ̄;)

女の子を通すような部屋じゃないぞ!と(笑)

観光でホテル代を浮かそうとか?

まぁそんなことを話してしばらくしたら、タイでは日本がコロナの危険地域に指定されてしまいました(;つД`)

う~ん…

渡航客も減ってタイの航空会社もかなり苦しいみたいです。

LCCは本当に安くなっているみたいですね。

それなら私も、いつもは高くて行けなかったGWに訪タイもいいかもしれない!と思ったのですが…

いつも乗ってるタイ国際航空はあまり値段に影響はないみたいです(´;ω;`)

やっぱりLCCだけか…

乗ったことはありませんが、チケットの手配もいい加減だし、狭いし、墜ちるし…とマイナス情報を聞くと(-_-;)

大体ビデオもないというのが一番のネック(笑)

携帯用のパッド等は持っておらんしヽ( ̄▽ ̄)ノ

やっぱりGWは行けないなぁ

ということでお嬢さんを待とうか(-.-)y-~

にほんブログ村

今回のホテル(3)

Retro 39 Hotel

ミケです。

今回の訪タイ記もこれで終わりですが、最後に気に入らなかったホテルの記事を書くというのも心苦しいものです。

最寄り駅はプロンポン。キャスターで歩くには道が悪すぎる。

もうここに泊まるのも5回目になります。

なにかと便利だったんです。

エンポーリアムにも近いし、食堂イムちゃん、アロイちゃんにも近いし。

エンポーリアムはお土産を買うにはベストですね、って書きたいところですが…

唐辛子は辛くなかったし…

ドリアンのキャンディは売場のおばちゃんに探してもらわなきゃ見つからなかったし…

あ、ドリアンのキャンディは今までパタヤで買ってたんだった。

まぁお土産はまとめてパタヤで買った方がよかったかな、とちょっと後悔しています。

今回、何がそんなに気に入らなかったって、部屋が臭かったんです。

私は匂いには敏感なんです。

床屋の独特の匂いの油?ありますよね?

あれをかけられると3日~1週間ぐらい匂いがとれなくて、気持ち悪くなって倒れそうになります。

だから、私は髪が薄くなっても美容室に通ってますf(^_^;

脱線しました。

ホテルで部屋が臭いって致命的だと思います。

以前パタヤでセンタラ アズールホテルという所に泊まったことがありますが、あそこも同じような臭いがしました。

どぶの臭いです。

耐えられません。

アズールはLKメトロの近くで、あそこらへんは街全体がそんな臭いがすることがありますから、まぁしょうがないのかな?と思いましたが。

それに部屋に入ってしまえば、ほとんど臭わなくなりましたし、寝具やタオルなんかは清潔でしたからね。

同じ部屋だったお嬢さんはずっと文句言ってましたけど。

でも、プロンポンでどぶの臭いなんて嗅いだことありませんし、テラスに出てもシャワールームでもそんな臭いはしません。

どうやら臭いの原因は掛け布団のようでしたので、換えてもらいました。

が、換えてもらった布団からも悪臭がしています。

こういうとき困るのは、誰もその事について気にしてないことなんですよね。

別に臭わないけど?みたいな。

一番の問題はハウスキーパーにしろ、ポーターにしろ、客の苦情に鈍感なことです。

そういえば、ここのハウスキーパーもフロントも男性だけでしたね。

昼間はフロントにバイトで女性を入れてることもありますが。

夜は中東のあんちゃんだけになります。

やはり、男所帯ではホテル経営等生活に密着するサービス業は無理なのかな、と正直思いました。

少々乱暴かも知れませんが、男性だけでは繊細な感覚に欠けていて大雑把。

以前泊まったときは、深夜に帰ってきてシャワーを浴びようとして、水が出てこないことがありました。

その時も中東の髭モジャがわらわらと出てきて、翻訳機でやり取りしました。

原因はポンプのコードをネズミがかじったとか…

復旧するのに2時間はかかりました。

ケチはこの時からついてたんですかね(-_-;)

にほんブログ村

今回のホテル(2)

Sabai Resort

ミケです。

ちょっと間が空いちゃいましたね。

ごめんなさい。

昨夜はタイ人とお食事会に行って参りました。

牡蠣が大好きということで上野の『佐渡島へ渡れ』というお店をチョイス。

美味しゅうございました。

田舎に帰ったら必ずと言っていいほど食卓に上るがあったので、食べさせてみました。

あまり味がわからなかったようです。

ちょっと勿体なかったかなf(^_^;

小さくてこんなん食っていいのか?ってサイズでしたけど、香りは確かに鮎でした。

値段は確か1尾900円ぐらいしましたf(^_^;

高いですね。

上野公園では早々と桜(カンザクラ)が咲いていました。

ここのところ暖かかったですもんね。

さて、今回の訪タイで2件目にお世話になったホテルはサバイリゾートです。

訪タイのきっかけとなった先輩に教えてもらったホテルです。

建物は2階までの低層で、決して新しいものではありません。

ですが、古き良き時代を偲ばせる、とてもいいホテルでした。

プールの向こうの建物にロビーがある。

まず余計な壁のない吹き抜けのロビーに入ると、心地よい風が吹いています。

あぁこういう自然を活かした工夫が素晴らしいなぁ、と。

フロントに進み出ると、眼鏡がとても知性的で、笑顔もまぶしい女性が対応してくれました。

通りかかる白人客から気軽な声がかかります。

実は私も彼女に1件目のホテルに忘れ物の問い合せてもらいました。

最初はホテルの電話番号だけ聞こうと思ったのですが…

こういうところも嬉しいですね。

彼女の人気の秘密がわかります。

案内された部屋はシンプルで、窓も小さく採光のためだけに取り付けられただけのものでした。

でも、その武骨さが映画の1シーンを見ているみたいで、なんともいい味を醸し出しています。

そこから見えるプールサイドは緑に囲まれ、夜になってもカップルの憩いの場になっており、とてもいい雰囲気でした。


先輩提供の昼間の写真

ここからすぐのところにソイ6があり、初めて行ってみました。

左右のお店からバービア嬢に見られている、というgogobar とは全く逆の立場に困惑しましたf(^_^;

結局、ここでは入り口のお店でLBの綺麗なお嬢さんと閉店まで話してました。

LBちゃんって女性とは違う優しさがありますね。

にほんブログ村

今回のホテル(1)

The Grass Serviced Suites by At Mind

(⬆長いですがホテルの名前です。)

ミケです。

今回、スワンナプームから初めて昼間の便で帰ってきました。

15時前の便でしたから、感覚的には日本に着くのは5~6時間後の20~21時(タイ時間)。

まだまだ体内時計は活動中の時間です。

早めの食事を出され、じきに消灯されてびっくりしました。

今考えれば日本時間で21時には消灯ってことなんですかね。

21時なんて普段なら夕飯もまだですよ。

消灯してる中、映画見てました。

さて、今回3つのホテルに泊まったわけですが、よかったのは1つだけでした。

最初のホテル(アパートタイプ)は最悪でした。

書かずにいようと思ったので、写真がなくてごめんなさい。

3泊4日で1万円ちょっと。

安かったからしょうがない、という部分もありますが。

安かろう悪かろうがモロに出ています。

建物自体は比較的新しく、高層階を選んだので風景も悪くないのですが。

サービスが悪い。

アパートタイプだから?

いえいえ、アパートタイプだってちゃんとしているところはありますよ。

まず、建物が2棟に別れていて、私の部屋は別棟であるにも関わらず、ポーターも付けずに一人で行けという。

フロントのねえちゃんは指差すだけ。

これだけでストレス(-_-;)

まずここで迷子になる。

別棟にはフロントも守衛もいないです。

ここかな?と思って開けてみますが、開かない。

奥から若いねえちゃんが出てきて、ドアの脇にある黄色い装置にカードをかざせ、とジェスチャー。

開き戸にカードなんて初めて見たわ(-_-;)

ちなみにこのねえちゃんは奥のマーサージ屋の施術師らしいです。

部屋に着いてドアを開けようとしたら、メチャクチャ重いです。

普通に開けるつもりだと10㎝も開きません。

そこから踏ん張って力一杯押し込まなければいけません。

お嬢さんは足も使って全体重かけて開けてました(笑)

入るとソファとテーブルがぴったりくっ付いて配置されています。

掃除の邪魔になるのか、少しでも広く見せたいのかわかりませんが、すぐにくつろがせない点でマイナスですね。

キッチンも中途半端。

レンジと食器が置いてあるだけで、調理は出来ません。

シンクの反対側に二人掛けのテーブルがありますが、向かい合いではなく、横に並んで壁に向かって食べるようです。

こんなところに座って食べたくないです。

究極はトイレの間取り。

ドアを向こう側に押し開けると便器らしきものはなく、いきなりシャワールーム。

横を見ると洗面所。

とすれば、開いたドアの向こう側が便器?

そう、用を足すには一回トイレを横切り、シャワールームまで入ってドアを閉めなければ便器すら見えない構造。

シャワールームも傾斜もクソもありませんから、シャワーを浴びた後なんかにトイレを使おうとすれば、ひたひたに溜まった水に足を濡らさなければなりません。

ここまでバカ?と呆れる次第でありました。

ジムに置いてあるマシンも結構使い込まれていて、大丈夫か?と言うものでしたが…

案の定マトモにメンテしてあるものはなく、障害者である私には使いこなせませんでした。

プールも本編に書いてある通り、プール用のタオルはないわ、狭いプールを中韓印アラブの家族連れが占拠して個人客は追い出されるわ、で使えませんでした。

残念ながら?街ではよく見かけるファランの姿もこのホテルに限っては皆無でした。

う~んよく知ってるんだねぇ(-_-;)

ベッドメイクも1時間で帰ってくるから早めにやっておいてと頼んだのに、2時間経ってもやってなかったし…

チェックアウトの時も、ルームチェックに5分かけておいてなんにも出てきませんでした。

実は私、部屋の引き出しに忘れ物をしてたんですけど…

そこで気付かず、次のホテルに移って漸く気付いたんですが…

取り合ってもらえませんでした。

ハウスキーパーのあんちゃんが盗っちゃったのかなぁ

にほんブログ村

パタヤ6日目

ミケです。

大河ドラマ始まっていたんですね。

去年全然見なかったので、存在すら忘却の彼方。

だって去年の大河ドラマはクソつまんなそうなテーマでしたから。

見るスポーツにはてんで興味がありません。

陸上なんて何が面白いのか。

って思っちゃうんですよ。

オリンピック会場なんて全部北海道でいいんじゃないか…

ま、そこまでは言いませんが。

今年は明智光秀かぁ

見逃した…(-_-;)

というわけで、パタヤですね。

5日目の夜はどうしたのか?

ご想像にお任せいたします(笑)

残り僅かな軍資金では派手には遊べませんが、それでも楽しかったですよ。

最後の6日目は別に遊ばなくてもいいかなぁ、と思えるほどに。

バービアの用心棒に追いかけられたり、滅茶苦茶きれいなLBと仲良くなったり(笑)

こんなにタイが楽しかったと思えたのは初めてですね。

朝の5時位まで遊んでました。

6日目の朝。

9時半には目覚め、師匠に報告のメール。

あ!

せっかくホテルで朝食をとろうと思って早く起きたのに、もう10時を過ぎてる!

ここのチキンクリームスープがうまいと師匠から言われていたので、1回は食べてみないと、と思っていました。

行くと汁物はお粥しかありません…

まぁお粥でもいいんだけど。

あ、もしかしてモーニングじゃなくてちゃんとしたメニューにあるヤツですかねf(^_^;

そうなると口にすることはないかなぁ

ホテルのレストランでは滅多に食べませんから。

一通りテーブルから料理を取ってくるとはじからスタッフが片付けていきます。

あぶなかった~f(^_^;

味はまぁまぁ。

腹は膨れて一眠りしたいところですが、荷造りをしなければいけません。

ギリギリでチェックアウト。

タクシーを呼んでもらってバスターミナルへ。

空港へ行くんじゃなくて、エカマイへ行くターミナルね。

これを言わないと空港へ直行するバスに乗るバスターミナルへ連れていかれる可能性があります。

経験アリです(笑)

チケット売り場がえらい混んでます。

並んでいると、すぐ後ろに現地人らしい、短パンにサンダルばきのオッサンが並びました。

この時期にマスクもせず咳き込んでいます。

うわぁいやだなぁ

これから2時間このオッサンと一緒のバス?

下手したら隣?

並び直そうと思って後ろを見ると、もう何十人と並んでいます。

諦めました。

席も見事命中、隣でした…orz

道中、オッサンは咳き込みながら、落花生を食べ水で流し込み、食べるだけ食べると寝てしまいました…

迷惑極まりない。

バンコクに入ったところでオッサンは途中下車。

はぁ~

これはもう暴力ですね(-_-;)

エカマイからプロンポンへ移動して、ホテルに入ります。

お嬢さんに会えるか聞いてみると、家族が熱出したから会えないと。

うん、想定内。

身軽になってホテルの反対側のエンポーリオへお土産を買いにいきます。

ここで私はいつも唐辛子を買いますが、いつものところにはありません。

え?ないの?

タイではパウダーは至るところで見かけますが、ホールはなかなかないんですよね。

15分位店内を彷徨いましたか。

ありました。

でも色が悪すぎる。

これしかないの?

と奥を見ると、本当に奥~っの方に1個だけ新品が。

こんなケチなことすんな、エンポーリオ!

前とは違うパッケージですが、これなんですよねぇ

じゃないです…orz

メチャメチャ辛い。

全然辛くないです(;つД`)

通常1本でメチャクチャ辛いアラビアータが出来ます(笑)

出来ません(´;ω;`)こんなはずでは…

お土産を買ったら丁度お腹も空いてきました。

そうそう、お腹も調子が戻りました。

ここは当然イムちゃん、アロイちゃんへ。

エンポーリオ(ナラヤのある方)と反対側の階段を降りて振り向くと
イムちゃん側から
アロイちゃん側のここが厨房
フィッシュフライ(アカメの唐揚げ)120B

⬆これがほろほろと柔らかくてうまい。

フォークで食べようとすると崩れてしまうので私は摘まんで食べます(笑)

サポーガイヤーン80B

⬆これも定番。うまい。

タイ人はフォークとスプーンで器用に肉と骨を分けて食べますが、私はそのままかぶり付きます(笑)

見切れてますがパイナップルシェイク50Bも絶品です。

グリーンペーストカレー50B

主食はまぁ目についたものを(笑)

この日はおとなしくホテルに帰って寝ました。

にほんブログ村

パタヤ5日目

ミケです。

私もいい歳こいたおっさんですが、ヤングジャンプ(YJ)とモーニングは購読してます。

YJは中学の時から読んでます。

あの頃は孔雀王とマッドブル34が面白かった。

甘い生活はもうちょっと前。

そのあともなんだかんだで止められなくて、今まで続いてますけど。

今はキングダムですか。

それも終わりそうな感じですね。

絵は下手だけど原作が好きで読んでいた銀英伝もウルトラジャンプに移籍だそうで。

読むマンガなくなったなぁ

なんで集英社はこんなバカなことを始めたんでしょうね。

YJで新連載が始まって、面白いなぁ、と読んでいたら直に移籍。

その繰り返し。

お陰さまで面白そうなマンガは全部移籍しちゃって、YJは今や骨抜き状態。

いや、まぁこれで卒業できます。

さて、この日はお嬢さんも実家のあるバンコクに帰って、1日一人でのんびりしてました。

って16時くらいまで一緒にいましたがf(^_^;

朝帰りのお嬢さんを迎えてちょっと眠りましたかね。

10時頃起きてきてシャワー。

ホテルの朝食には間に合わない。

ここら辺は詳しくない、とお嬢さん。

バイタクのおいちゃんに聞くみたいです。

すぐそばにターミナル21があってそこまでバイタク。

歩けたなぁ

来る途中にセントラルマリーナを発見。

あ、こんなに近いのか。

帰りに寄ろうっと。

で、お嬢さんのチョイスでやっぱりタイ料理のお店に入ります(笑)

結構豪華でしょ

お腹の調子も大分よくなりましたが、まだ心配なのでタイ風お粥にしました。

あとの春巻と焼き鳥はお嬢さんチョイス。

春巻はうまかったのですが、焼き鳥はクミンが効いていて、普通の塩の焼き鳥が恋しくなりました。

でも、これになれていたら、普通の塩やたれの焼き鳥が物足りなく感じちゃうんでしょうか?

結構ボリュームがあり、無理はしたくないため、半分くらい残しました。

伝票を見てビックリ!

880B…

日本円で約3,100円…

Nooooo~!(;つД`)

そう、今回は貧乏旅行なのだ。

ハッここはターミナル21だからカードが使えるd(⌒ー⌒)!

…と思ったらカードはホテルだ…orz

だってこんなところ来るなんて思ってなかったんだもん(´;ω;`)

泣く泣く1,000B紙幣を出す。

チップもか…

少額紙幣もない…

お釣りでもらった100B…

数瞬の躊躇の末、置いてきました…

朝食に1,000Bも使うことになろうとは…

ショックです。

一人だったら多くて200Bに抑えられたのに。

まぁ初めて来たターミナル21を見学。

無駄な建造物が多い。

こんなものが購買意欲を刺激するのか疑問

あとはお約束のセントラルマリーナ。

ここはナラヤが入っており、奥の食料品売り場も充実しているので、来たら必ず見て回ります。

穴場です。

B紙幣が心許なくなったので、ホテルに戻って虎の子の日本円を金庫から出します。

パタヤで高いレートというとTTという黄色い看板があがっているところでしょうか?

道中、お嬢さんが日本のお札見せて、と。

千円札を取りだし渡してあげます。1万円札はありませんでした…

Oh

これタイバーツでいくら?

300Bくらいかな

本当?300Bと交換して

交換してあげると飛んで喜びます。

かわいいなぁ

帰るときに見たところでは0.2853だったのが僅か30分で0.2848に。

くぅ~

背に腹は代えられません。

そうそう、コロナ騒ぎが影響してか、春節が終わる頃からバーツが急落しましたね。

これはよかった。

0.27前半をうろうろしていた時は本当に生きた心地がしませんでした。

あまり軍資金も増やせませんでしたが、これでなんとかもつでしょう。

ホテルに帰ってきて、しばらくしてもお嬢さんは帰る様子がみられない。

大丈夫?

大丈夫。

でも、そろそろ帰ろっかな

こんな調子です。

まぁ夕方には帰って、やっとプールに入れる(笑)

にほんブログ村

パタヤ4日目(3)

ミケです。

ラーン島から帰ってきて、ちょっと休んで日本食が食べたいとお嬢さん。

思いもしなかったので急いでググります。

泰一という店がよさそう。

写真はありません。

掘りごたつ席に座りたいというので従います。

やっぱり店内を飾る料理の写真は刺身です。

日本料理=刺身という公式は崩れないようです。

でも、タイで刺身や寿司を食べる気にはなれず…

治療中だし…

なぜか言い出しっぺのお嬢さんはタイ料理を頼んでるしf(^_^;

あぁ私の頼む料理をちょっとずつつまもうとしてたのかな?

ごめんね。

月見うどんでf(^_^;

味はインスタントですな。

お嬢さんにはタコわさびを頼んであげました。

えらく気に入ったご様子。

よかったよかった(^^)b

配膳してくれたおねえさんはやはりタイ人で、ちょっとだけ日本語をしゃべれるそうです。

お嬢さんは日本の酒が珍しいらしく説明を求めてきました。

日本酒、焼酎の違いから教えましたがどこまで理解しているかはわかりません(笑)

お嬢さんの食べ終わるのを待ってお会計。

薬局を見つけて、クラビットを買います。

それと咳止め。

実はお嬢さん、私と会ってからずっと風邪をひいてたんです。

咳払いのたびに、じっとお嬢さんを見つめ、

Corona?

NO!(# ̄З ̄)ノ

というやり取りを毎度やってました(笑)

不謹慎ですね、はい(-_-;)

昨日までは私が持ってたクラビットを飲ませていたんですが、それもなくなってしまって。

抗生剤は女性に副作用もあると聞きますから、薬局で飲み方をちゃんと聞いてもらいます。

風邪くらいだったら、ほったらかしで自然に治るのを待つのがタイ流なんでしょうか。

ホテルに帰って疲れて寝ていると、お嬢さんに呼ばれて起きます。

妹が出産で行かなくちゃいけない、そうで。

そんなことは全然言っていなかったぞ。

まぁ大変なことだから行きなさい。

喜びのキス(*^3(^_^;)

…しばらくしても、一向に行く気配がしません。

電話が来たら行く。

ふ~ん…

胡散臭さを感じます(笑)

まぁいいか。

私が一緒に行くって言ったら、また財布代わりになってしまうんだろうし。

自分の金で遊ぶんならご自由に。

そう、今回は貧乏旅行なのだ。

案の定、朝まで帰ってきませんでした。

にほんブログ村

パタヤ4日目(2)

ミケです。

まぁ私も東洋人ですから、白人から見たら中国人か日本人かなんて区別は付かないんでしょう。

幸い私はそれで嫌な思いはしませんでしたが。

プールで泳いでいる時は、こんなときに泳ぐな中国人!的な目でみられていたのかも知れません。

本当に強制送還してほしいです。

さて、話はお題目へ。

怪しいオバサンがこちらに見せてきたのは、マリンウォークやジェットスキー等のマリンスポーツの写真が載ったボード。

また変なのに引っ掛かった…

と思っていると説明を聞き出すお嬢さん。

えぇっ?

私を振り向いて、どう?と…

(-_-;)

なにが?

Up to you

は?

┐(´д`)┌

肩をすくめるとお嬢さんは交渉を進めます。

Speed boat 600 ok?

なんだかわからないけど払えばいいのね?

1:00出発

向こう出発5:00

らしいです。

窓が割れてるこの船に乗り込みます。
本当に下が海水なのかと疑うほどゴンゴンと波が船底を打ちつけます。

スゴいスピードで突き進むスピードボート。

楽しい(≧∇≦)

笑った口が風で歯も乾いて塞げません(笑)

高所から落ちたかのような衝撃が1分を待たずに襲ってきます。

船の剛性に感心します(笑)

穏やかな風景に見えますが、揺れで狙いが定まりませんf(^_^;

これだけで十分レクリエーションになります。

しばらく続いたレクリエーションも終わりを告げ、いよいよ上陸。

島には港はなくビーチの浅瀬に船を留め、そこからジャボジャボ歩いて上陸します。

帰りの風景ですが、こんな感じ

向こうにセブンイレブンがあるでしょ?あそこまで行こう、とお嬢さん。

ひいこら付いて行くと、またまた出ました(笑)

お姉さん家族。

あぁこういうことだったのね…

前以て説明しておくれよ…orz

そしたら私ももうちょっと善処したのに。

着くと同時に出てくるシーフードの数々。

でもね…食べられないんだ…

しばらくすると久々の便意。

お嬢さんにトイレに連れていってもらいます。

…やっぱり駄目だ。

薬局はない?

お嬢さんが聞いてくれる。

薬局はないけど、病院ならある、と。

願ったり叶ったりだ。

行こう。

ビーチの終わりに病院らしき建物が。

やっぱり中国人に見えるのね。

中国語で書かれたボードを見せられます。

イプン

今度は日本語で

ここはクリニックセンターで薬局ではありません。医師の指示によって薬を出すかどうか判断します、と。

OK

電話で日本人の医師が問診し、それをここのタイ人の医師(メガネをかけた美人さん)に伝えて診療します。

足りない情報は先程の電話で聞き直してきます。

昨日は何を食べましたか?

サムギョプサルとスンドゥブ。

タイ人医師が

キムチは?

食べました。

OK

タイではキムチがいけないそうで。

触診。

胃の辺りで痛みがあります。

微熱もあったので、抗生物質ととんぷく。

あとは下痢止めと吐き気止めを処方してもらいました。

結構行き届いた施設ですね。

まぁ軽い食中毒だろうと。

処方された薬

もう3時になる…

ごめんね

お嬢さんがジェットスキーに乗りたがっていたので

Up to you

と私。

おっさんが

2人でないとダメだ

と。

いいでしょう、乗りますよ。

水着も持ってきてなかったので、裏の売店で購入。

お嬢さんのとセットで200B

お嬢さんも初めてのようで、おっさんに手解きを受け、見えないところまで試走。

5分ほどして戻ってきて、おっさんと私が交代。

私がお嬢さんの後ろに乗ります。

きもちいい~(*´∇`*)

Yeaaaahhh!

自然と声が出ます。

いえ、出さなかったら損です(笑)

どんどん沖へ

最高!

どれくらい乗ってたんだろう。

こんなに気持ちいい乗り物があったとはO(≧∇≦)O

戻ってきて、残りの時間を海水浴で。

やはりタイ人は泳法を知りません。

なので軽くレクチャーを施しました。

膝を曲げずに蹴って!とか腕を引きながら(^^)b

まぁすぐに忘れるんでしょうけれど。

にほんブログ村