N(3)

ミケです。

すごいですね。

原因がわかっていてながら、自分達の利益のためならなんでもやっちゃう飲食店。

もう辺りの目なんか関係なく、20時を過ぎても道にテーブル並べて酒出してる店もあります。

こんなんで収束なんかできるわけがありません。

制裁が甘いんじゃないの?と思います。

30万円にしても25万円にしても安すぎますよね。

1ヵ月で割ったら1万円ですもん。

だったら営業した方がいいってなりますよ。

特に中国人なんてモラルや倫理よりも金を行動基準に置く人種。

もう1日30万円でいいと思います。

ただし、前からいっているように、協力店に対してはもっと厚く手当てしてほしいです。

そして、酒と関係のない店には営業の緩和を。

また早くも行動制限がどうの言ってますけど。

現実と乖離しすぎなんじゃ?

ワクチン接種すれば終わりってもんじゃない気がします。

なんでそんなに体力ないの?(笑)

個室のドアを抜け、靴を脱ぎ部屋に上がり込む。

「えぇ~?でもバレーはやってるんですよ~」

と言いつつNは後ろ手にドアを閉め

「Nです。今日はよろしくお願いします。」

と微笑んで頭を下げた。

こちらこそ。

着ていた服を脱ぎ、Nに預けると丁寧に畳んでかごに入れていく。

半裸になったところで、ベッドに腰掛ける。

ここら辺はもうお決まりの流れだ。

ズボンを脱がせてもらって、腰にバスタオルを掛けて、パンツを脱がせてもらう。

もうここでフライング勃起することはなくなった。

今度はNがワンピースを脱ぐ。

白い。

顔と露出した手足から予想はしていたが、実際に見るとため息が出た。

痩せているという印象は薄かったが、決して太っているわけではなかった。

ふっくらと柔らかそうな肌。

そして、豊かな胸。

巨乳には大して興味がない私。

過去にもあまり胸の大きな女性は記憶にない。

女性らしいところが膨らんでいる。

それはそれでとてもいい気がしてきた。

Nは下着を付けたまま、私の前に膝立ちで座った。

こういう演出は好きだ。

どちらが求めたか、一瞬見つめ合ってキス。

しばらくくちびるを重ね、私の手はNの背中に回る。

ホックが三連。

これが難しいのだ。

2個までは一気に外れても、どうしても1個は残ってしまう。

その1個も外し、肩紐を外す。

「わ、片手で外した。上手~」

お世辞だか、からかってるのかわからなかったが、ブラジャーを腕から抜いた。

見事な胸だった。

表面は血管がうっすら透けて見え、乳首はピンクで上向きに立っていた。

D?

思わず頬が弛んで、そう聞いてしまった。

「Dもないです。Cです」

照れて笑う顔がかわいい。

それにしても・・・

大きい。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

N(2)

ミケです。

パタヤのプリティガールことGちゃんがワクチンを接種したそうです。

どこの?

「シノファーム」

!!!

やはりタイでは中国製のワクチンが主流か・・・

せめてアストラゼネカを接種してもらいたかった。

と思っていたら、1回目をシノファーム、2回目をアストラゼネカにして効果を高める策に転換したみたいですね。

効果があればいいんですけど。

今日新聞でバンコクでデモが起きていると知り驚きました。

元々アストラゼネカを使おうと思っていたけど、思ったように生産できずに中国製を大量購入して複合接種にした。

タイ政府の見通しの甘さとずさんさに怒った市民がデモを起こしているということなんですね。

聞くところによるとシノファームでも接種できたGちゃんは恵まれているらしい。

うーむ・・・

さて、Nとのファーストコンタクトである。

そもそも、Nの出勤は週2回のいわゆるレア出勤だった。

そんな彼女に週末の当日予約で会えるなど奇跡に近かった。

いつものようにボーイに名前を呼ばれ、階段の下へ連れていかれる。

「どうぞごゆっくり、いってらっしゃいませー!」

店中のスタッフの唱和を尻目に、踊り場にうずくまっている女性を見上げる。

そこに『白蛇抄』の小柳ルミ子も『五番町夕霧楼』の松坂麗子もいなかった。

悪ガキたちが勝手にクラスのかわいい子選手権を開催したとき、3番目か4番目に名前が挙がる、そんな印象を受けた。

端的にいえば、クラスで一番輝いているアイドルではないけれど、一定数のファンはいる、といったところか。

彼女も北海道出身で、白桃のような白い肌の持ち主だった。

くせっ毛をひっつめて、糸のように細い目を更に細めて、こちらを見て微笑んでいる。

「はじめまして」

薄いくちびるから、明るい声がこぼれた。

かわいかった。

「今日は3階なの」

と残念そうな声で私の手を握ってくれる。

Nは私の手を引いて階段を昇り始めた。

2階につく前に腰を曲げ、辛そうに息を切らす。

「ひいひいこらこら…なんで…3階も…あるんでしょ…うか」

まだ2階だよ(笑)

今度は私が先に立ち、Nの手を引く。

がんばれがんばれ。

「ひいひい・・・」

わざとなのか天然なのか。

3階に着いたところで

「はぁはぁ・・・あの・・私の手、カエル手だけど大丈夫ですか?」

カエル手?

「すぐ汗かいちゃって。気持ち悪くないですか?」

そういえば握った手が湿っていた。

全然平気だよ。

会って数分で好きになりかけていた。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

パラ

ミケです。

オリンピックも録に見てない私ですが。

今日の甲子園決勝戦

智弁和歌山 対 智弁学園

を半強制的に見ることになりました。

高校野球なんてまともに1イニングも見たことがありません。

今年の甲子園はテレビ朝日で毎年放送している『熱闘甲子園』を、覚えている時は見るようにしました。

理由は・・・

一つしかないじゃないですか。

オキニとの話題がこればっかりなんです(笑)

最後には振られるんだから、こんなムダなことをしても・・・

って思うんですけどね。

甲子園の話をする時のオキニの嬉しそうな顔がたまらなくて。

おまけに私の好きなロードレースにも興味を示してくれて。

じゃあこっちもがんばらなきゃってなりますよね。

ちょっとうとうとしながら(だめやろ笑)、閉会式まで見ました。

智弁和歌山、私が知ってるくらいだから強かったですね。

校歌からすると奈良が本校なんですかね?

でも21年ぶりの優勝なんですね。

やっぱり、強豪とはいっても熾烈な戦いがあるんだなと。

『バトルスタディーズ』とか『メジャー』みたいな世界なのかな?とか考えたりしました。

で、そのままテレビを見ているとパラリンピックの水泳の中継が始まって。

こっちの方が興味を持って見てました(笑)

今はコロナや試験勉強で休会しておりますが、2年前はジムに通っておりました。

メインはバイクと水泳でした。

今日の中継を見て、

あぁもしかしたら私もこの舞台に立てたかもしれない

と思ってしまいました。

途方もない夢だ、と笑う人がほとんどでしょう。

でも、私の周りには健常者しかおらず、自分が障がい者のなかで速いのか遅いのかわからないんです。

競技は障がいの程度でわけられていますが、それは同じ障がいを意味するものではありません。

いろいろな障がいを持った人が一堂に会して一つの競技をするわけです。

そこで競うものはもちろんメダルという見方もあります。

しかし、健常者が行う競技と違って、競技者が皆同じ条件とはいかないのです。

同じ障がいでない以上、同じ組でも有利不利は出てきます。

そこで私が見たものは、メダルを取れなくても自己ベストが出て喜んでいる選手がいたことです。

そこでは自己記録、つまり己れとの戦いが如実に現れてくると思いました。

こんなところでそれが披露できたらどんなに誇り高いだろうと思いました。

ちょっと馬鹿馬鹿しいとは思いましたが、年齢制限を調べてみました。

・・・上限はないみたいですね。

挑戦してみようかな(笑)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

N(1)

ミケです。

今回からまた私の数少ない女性経験を書いていこうと思います。

性懲りもなくフーゾクなんですが(笑)

ユカリとの訣別から何人かのオキニと呼べる女性と出会い、楽しくツラい時を過ごしました。

この頃は性欲も旺盛で、オキニがなんらかの理由で当欠(当日欠勤)になっても下半身は

「はい、そうですか」

と大人しく引き下がるわけもなく。

女体を求め、猛り狂うわけです。

そんなときのために、2~3人のオキニを確保しておきました。

え?一人の女性を愛すんじゃなかったのかって?

確かに過去の記事でそう言ってますね→色道

しかし、私のなかの良心(?)は

「フーゾクは遊ぶところで本気になってはいけない。

第一、お前みたいな障がい者、相手にしてもらえるわけないだろ」

と言っているのです。

だから、気持ちにストッパーをかけるためにも、2~3人に分散させた方がいいのです。

切ないですが、そう割り切る必要があるのです。

そして、この日はちょうど予約していた子は当欠、残りのオキニも売り切れになっていました。

週末の利用するとこうなることも多いですね。

サラリーマンですからツラいところです。

しょうがなく空いている子を聞いてみることにしました。

あまり電話には出ない声の主は

「最近入って、いいなぁって思った子います?」

聞いたことのない質問に戸惑いながらも、この店のオキニの名を告げます。

「それだったらNがいいかなぁ

もちろん顔がそっくりだとかじゃないんだけど、感じが似てる気がします」

この人ってあの人だよなぁ、と声の主を想像します。

内部情報にも多少詳しくなった私。

声の主はこの店の有名なトップです。

信じてみるか。

じゃ、Nさんお願いします。

こうして、Nとの一方的な恋が始まるのです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

地に堕ちた『豫園』(2)

ミケです。

前回の料理人が厨房で痰を吐く話ですが。

中国では普通かもしれませんが、ここは日本です。

そんなことをすれば客が寄って来ません。

普通ならば。

オーナー夫婦も今の店長夫婦も料理人も中国人という、まぁそんなに珍しくもない組み合わせからか、いつ行っても外国人(大陸系・半島系)客が多い(日本人と一緒という団体も多い)。

そして安くてゆったりできるんです。

綾瀬駅前という立地も影響してるんでしょう。

そんなんで、料理人の非常識と店長の弛さを受け入れる地盤は整っているわけです。

オーナーが奥に引っ込んでから、というより味が落ちてから上客はいなくなったと思います。

羽振りのいい声の大きいお兄さんやオーナーと仲のよかったご夫婦たちはパッタリと見なくなりました。

私も味がよく、ゆったりできる食堂が他にあったらそっちに行きたいですもん。

隣に『みなみ』という中華料理店もありますが、狭いんですよね。

もちろん今の料理人よりはうまいですが、店長と比べると・・・

普通の中華料理店になってしまいます。

あとは店長の奥さんというのも強敵で。

オーナーの甘じょっぱくて美味しかったザーサイも奥さんが嫌いということで、奥さんの好きなしょっぱいだけのザーサイに変わりました。

日本人には甘じょっぱい味付けが合うと思います。

ここでも店長の侠気が感じられません。

それとちょっとメニューにだぶ付きも見られます。

誰がいつ注文するかわからない、外注の北京ダックや刀削麺。

これメニューに入れたのも奥さんだろうなぁ。

外注で残念なのは餃子。

オーナーがいた頃はちゃんと作っていて、本当に美味しかったのですが。

今の店長には裏切られっぱなしですね。

今度はどこ行こうかなぁ

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

地に堕ちた『豫園』(1)

ミケです。

今週からまた書き始めようかと思います。

いやぁそれでもなんですね。

私がうまい!と思って通い続けた綾瀬の中華料理店『豫園(よえん)』もここまで堕ちたかと残念でなりません。

先日久しぶりに入ったのですが。

ボックス席に座ると後ろから

「ひゃー久しぶりにマッコリ飲んだわぁ!美味しいね~♪」

などと聞こえてくるではありませんか。

はっ!

と隣のテーブルを見るとビールやチューハイなんかが入ったジョッキが人数分並んでおります。

マジか・・・

客の顔を見ると程度の低いオッチャンオバハン3人組、スナックのママと常連か?

他にも男2人と中年カップル1組が酒を中心に料理を頼んでいます。

逃げ出したくなりました。

少なくともこんなモラルの低い連中と同じ店にはいたくありません。

店長の奥さんも

「これからの時間は飲み屋の注文だけ。ご飯だけはダメ」

なんて言って食事目当ての客を追い返していました。

時間を見ると19:40。

酒を飲んでいる連中は帰る素振りも見せません。

看板の灯りを消し、木戸を閉めて営業続行する気でしょう。

オーナーが店に出ていた頃は料理もうまく、こんな闇商売みたいなことはしませんでした。

オーナーが店に出ていた頃は今の店長が料理人で、本当にここでしか食べられないものを安く出してくれていました。

そして、今の店長が料理を作らなくなり、代わりに来た料理人が作るようになって、ガクンと味が落ちました。

まず火の使い方が素人以下です。

中華料理って火の使い方でこんなに違うんだ!と再認識してしまうほど下手です。

今の店長が作っていた頃の野菜の炒め物は見た目も香りも歯応えも、素晴らしいものでした。

それが、今度の料理人は炒めすぎて、でろーんと見た目も悪く油も吸って野菜の味も香りも殺してしまっています。

雇われ店長も自分の商売に誇りがなく、料理人が作ったものをただ客の前に出すだけ。

油を吸って透明になっているズッキーニやよれよれになっているレバニラ炒めを平気で出してきます。

客が見て”まずそう”と思うぐらいだから、相当の腕を持つ店長にわからないわけがない。

文句を言うと

「いやぁそうですか?そんなに違いませんけどね」

と客の言うことを認めない。

大体、料理人が厨房で痰を吐くなんて飛んでもない話ですが、それも黙認しています。

ちょっと長くなっちゃったので、この辺で。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ユカリ(最終回)

あれからユカリと会う頻度が多くなっていった。

1週間が5日、5日が3日、3日が2日・・・

毎日会うようになるまで1ヶ月もかからなかった。

それもタダではない。

ユカリへの小遣い、食事代、ホテル代・・会う度に2万円ずつ吸い取られていくのだ。

小遣いも時には5千円で手を打ったこともあったが、会って帰りにはあと5千円!とせびられた。

もう私しかいないのだ、と思い、あげ続けた。

まだ入社2~3年の若造である。

先が見えていた。

ある日ユカリが寒空の下、奇妙な出立ちで現れた。

ダウン、ワンピース、生足に・・スリッパ。

○○病院と書かれてあるスリッパだ。

内心、ここまで堕ちたかと思った。

クリスマス間近だったので

靴を買ってやろうか?

と聞くと二つ返事で喜んだ。

ABABで1万強の、その年流行した毛でモコモコしたブーツだ。

電車に乗るときまで、嬉しそうに履いたブーツを見ている。

私もユカリが喜んでいるのを見れば嬉しかったが、流石に人前では恥ずかしかった。

たかがブーツである。

今から思えば、スリッパはフェイクだったのかもしれない。

ユカリは相手から善意を引き出すのにこの手の小細工をよく使った。

翌週には底の平なパンプスを履いていた。

どうしたか聞くと

「暑いから捨てた」

そうだ。

怒る気にもならなかった。

あげたものなのだから、自由にしてもらって構わない。

ただ、買ってもらった相手に正直に話すメンタルが残念だった。

年も越し、しばらくは会っていた。

が、蓄えも収入も十分でない勤め人に毎日2万円もの負担は重すぎた。

ある日、掛かってきた電話に

もうお金ないよ

と答えた。

すると

「5千円でもいいから!」

私は1回ため息をつき、

チッ、しょうがないな

と言ってしまった。

「今、舌打ちしたね?それならもういいよ。ごめん。他頼るから」

と言い残し電話を切られた。

ちょっと待ってって

急いでかけ直し、機嫌を直してもらおうと思った。

「なに?出してくれるの?」

またタカられる!と一瞬怯んでしまった。

その一瞬が命取りとなった。

「ほら、もういいんだって」

一方的に切られた。

もう掛ける言葉もなく、一方でホッとしていた・・・

それが最後となった。

財政を建て直した頃、またユカリのいた店に通い出した。

もうユカリの写真はない。

付いた子に

「このお店は初めてですか?」

と聞かれたので

前までユカリって子がいたと思うんだけど・・・

というと

「あぁあの子ね・・・」

え?知り合い?

「ここにいたんだから」

と笑って

「この前新宿の道端で寝てたって・・・」

そうか・・・

としか言えなかった。

また数ヶ月後、送迎車のドライバーが携帯で

「あぁユカリな、○○○○○で働いてるらしいな。こないだ挨拶されてビックリしたわ」

と言っているのが漏れ聞こえた。

20余年経った今は何をやっているのだろう。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

パタヤのpretty girl(3)

ミケです。

ユカリを書く暇がありません(汗)

なので、ちょっと変化のあったパタヤの子のことを書きます。

その前に。

普段繁華街へ足を向けることはないのですが、この間池袋に行ってきました。

なんじゃこりゃ・・・

緊急事態宣言下だよなぁ・・・?

その前のアメ横もそうでしたが、なぜこの状況下で往来に席を並べ、堂々と酒を酌み交わすことができるのだ?と思いました。

店も店なら客も客。

よくこの状況で浮かれられる、と。

最近の新聞に

―ワクチン接種が順調に進んでいる欧米の、ほぼ元通りの生活ぶりを見て、日本人もマネをしているのか―

という旨が書いてありましたが。

そこまで日本人アホ?

でも、こんな調子なら、今の新規感染者数も納得できるし、10月頃に収束なんかできるわけがない、と言っていた専門家の話も合点がいきます。

この状態を許している為政者の恣意的な思惑がチラついてしょうがないのです。

さて、本題のパタヤの子の話です。

gogoで見つけた照れ屋さん。

この子の呼び名を決めていませんでしたね。

Gちゃんとでも呼んでおきましょうか。

Gちゃんは律儀にも、私が送金した日からほぼ毎日LINEを送ってきます。

かわいいセルフィーとか食事の写真だったり、スタンプだったり、今の心境だったり―

一晩2~3のやり取りで終わるのですが、なぜか楽しいんです。

普通の女の子と普通にLINEしてるようで。

といっても、普通の女の子とは友達付き合いもないので比べようもありません(笑)

毎日、定型文のようなやり取りではないから飽きません。

それが・・・

早くも訪れた関係崩壊の危機。

“私は投資をして生活しています。”

は?

“今回仕入れた商品のお金が足りません。月末には返すので○万バーツ貸してください。”

げげ・・・!!

私はここ10年以上、5万円以上人に貸したこともあげたこともありません。

それをさらっと要求してくるタイ人女性って・・・(汗)

う~ん・・・

この子もか・・・

お金の貸し借りを口にする輩は録なもんじゃありません。

そういったことはフーゾクでしか経験がありませんが、ここ数年そういう話が出ると切ることにしています。

関係を絶つということです。

あんなにかわいかったのに・・・

商品の写真やら支払いの不足を示す画面のSSやら、続々と送られてきます。

夜嬢のそれとは違い、具体的です。

う~ん・・・

LINEを既読にしてしばらく考えていると

“あなたを悩ませているようです。

忘れてください。

他の友達に借ります。”

と。

まだ一回会っただけのあなたに大金は貸せません。

今はまだ信頼が築けていません。

会って信頼を築きましょう。

と、私なりの思いを送りました。

“わかりました。

忘れてください。

緊急なのであなたを頼ってしまいました。

あなたが来るのをずっと待っています”

最後の一言が

“お金を引き出すために面談する”

という意味でないことを願います(笑)

そのあとは以前より頻繁に、かつ中身の濃いLINEを送ってくるようになりました。

恥ずかしい写真も大歓迎なんですが、こちらはちと・・・(笑)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ユカリ(22)

ミケです。

ユカリと店の外で会うようになって驚いたことがある。

ユカリが酒呑みだったことだ。

ホテルに行く前に食事をするのだが、ユカリが頼むのはビールとかサワーを一杯だけだ。

私は食べながら呑む方なので、ユカリは私の頼んだ物をつまむのが常だった。

そんなもので足りるのか不思議であったが、別の機会で納得できた。

別れたあと、どこへ行くのか聞いたときだ。

「キャハハハ、新宿~」

新宿なんか行って何するの?

「呑むんだよ~」

私が顔色を変え、ナンパやホストの心配をすると

「大丈夫大丈夫!ゲイバーだから。安いし、変に絡んで来ないから。」

ゲイバー・・・

「楽しいよ?一緒に行く?」

誘われたが、大抵が23時近かったし、無駄遣いするお金もなかったので断った。

荒れた生活だった。

以前聞いた話と合わせると哀れで涙さえ出てくる。

義務教育を終えないうちから売春紛いの経験を重ね、札幌でスカウトされて吉原へ。

吉原での最初の目標は2,000万円貯めることで、それは意外とすぐに達成されたという。

しかし、計画がなかったからすぐになくなってしまったとも言っていた。

そこから貯める意欲も湧かなくなったユカリの生活が、あればあるだけ使うものになっていったことは想像に難くない。

昼間は吉原の待機室と個室の往復。

他のお嬢さんからも聞いたが、あれは精神的に参ってしまう、と。

待機室は嬢たちライバル同士が集まる部屋でもあるから、殺伐とした空気で支配されることもあろう。

嬢も様々な思いで来ているから、みんなで仲良く、なんて嬢全員が思っているわけがないのだ。

スタッフには売れるために媚を売るが、嬢に媚を売ってなんになる、という考え方もあろう。

お局様がいれば気も遣うし、気に入られなければイジメの対象になる。

そんなところでお茶を挽くことになろうものなら、間違いなく病むはずだ。

部屋持ちになるには売れなければならない。

待機するにも静かなバトルが続いているのだ。

接客にしても、当然嫌な客はいる。

話しかけても何の反応もない客。

こういう客が一番堪えるそうだ。

そんな客がいるのかと驚いた。

何を考えているのか・・・

正に針の筵に座っている心境だろう。

それが2時間続くのだ。

どんなSEXもコミュニケーションの末にあるものだと信じている。

それが出来ない客は、フーゾクで満足のいくサービスは受けられないであろう。

そして、あのウィークリーマンションに住み着いたのはいつからだろうか。

寝ることしかできない狭い部屋。

あんなところに帰ってきても気が休まるはずもなかった。

昼間に味わった嫌なことを忘れさせる、パァーっと騒げる場所が必要になるのは自然な流れだろう。

ユカリの場合それが酒であり、新宿だった。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ユカリ(21)

ミケです。

いつものように舌と指を駆使して蕾を攻める。

いつかユカリにシャワーで体を洗ってもらっているとき、指先をまじまじと見られたことがある。

え?なに?

「ううん、いつも気持ちよくしてくれる指ってどんなんだろうなぁって。アハハ」

そんなに珍しい?ちゃんと爪は切ってあるでしょ?

「そうだね。いつもありがとね」

私の手に頭を下げてお礼をするユカリ。

―そんなことを思い出しながら

豆を舐めながら、中を指先で軽く叩く要領で刺激したり、筋をなぞったりしてユカリの反応を楽しんだ。

しかし、ユカリは”逝かない”女性だった。

私は4年経ったこの時でもまだGスポットの位置はわからなかった。

ユカリは感じてはくれるが、反応の強弱が薄かった。

1回、接客時に聞いてみたこともあったが、ユカリも

「うーん、私もわかんないよ。

でも、ミケさんの指は気持ちいいところをちゃんとわかってくれてるよ」

というだけだった。

今回も”逝く”気配が感じられなかったので、ほどほどのところで切り上げ、挿入した。

ユカリは挿れた後、自分で腰を左右に揺らす癖があった。

これが何を意味するのか。

―自分が気持ちいいのか、男を早く逝かせるためにやっているのか。

不明だった。

その効果のおかげか私が早いだけだったのか、長くは持たず無事発射。

余韻の後、私は再度聞いてみた。

ゆかりちゃんって他の客でも逝ったことないの?

「客・・・っていうか男相手に逝くって信じられないんだよねぇ」

続けて

「腰をガクガクさせるとかビクンビクンさせるとか、ほんとあれは演技だと思うよ」

だそうだ。

私はその真偽を判断するにはまだ女性の経験が浅かった。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村