パタヤ4日目(1)

ミケです。

朝10時に出掛けるという約束をしていたので、9時半に起きるお嬢さん。

シャワーを浴びてきて、私も、と促しますが、私は動きません。

ラーン島へは行かないよ

なんで?

気が変わった

オーイ!

ベッドの上で大袈裟に天を仰ぐお嬢さん。

私も本当のことを言っていないので、さぞかし悪い人間に見えたでしょう。

胃腸の調子は変わらず、痛みはありませんがトイレに行くと水のような下痢。

吐き気は治まりました。

しばらくしてもお嬢さんは横になったまま天井を見上げてる。

ラーン島行きたいの?

うん

う~ん、このまま保ってくれたら行けるかなぁ…と一抹の疑念を抱きつつ

OK┐(´д`)┌

その声を聞くや否や飛び起きて身支度を調え出します。

流石…f(^_^;

あっ、昨日買ってたオフショルとサングラス…

そこまで楽しみにしてたの?悪かった…orz

今日は夜にはお嬢さんと別れて、あとの日程を独りで過ごす予定ですから、ホテルも中心地に移動します。

タクシーの運転手にLKメトロと伝えて、ダウンロードした住所を見せるとno noと。

訳もわからずタクシーに乗り込んで、行く先がLKメトロではなくノースパタヤの方角へ。

実はこのホテル、私の師匠に教えてもらったホテルで、自分で確認してなかったんですね。

オーダーは

  • LKメトロに近い
  • プールがある

の2点。

前回ウォーキングストリートとLKメトロの中間点辺りのホテルに泊まったら、LKメトロ(ブッカオ?)の周辺が滅茶苦茶便利ということに気付いて。

でも、師匠は2番目のプールしか聞いてなかったようで、こんな離れた立地を案内してくれましたf(^_^;

でも、ホテル自体は素晴らしいです。

また今度紹介します。

そこにチェックインして、急いでラーン島に行く港を目指して着いたのがPattaya cityの看板の下。 

ここかぁ

お嬢さんに付いて行くと、バンダナで口元を隠しサングラスをして麦わら帽子をかぶった、怪しいオバサンが近付いて来るではありませんか。

身の危険を察知した私はお嬢さんの肩に手を掛け制止しようとしますが、お嬢さんは構わずそのオバサンに寄っていきます。

危ない!

にほんブログ村

パタヤ3日目

ミケです。

更新が遅れてます。

1日も欠かさず更新なさっているブロガーさんはすごいなと。

それにしてもコロナウィルスについて中国政府が非を認めたということは大きいかも知れませんが、それを補う措置を採ってほしいですね。

年末から大陸を出た全ての中国人に召還命令を出すとか。

まさかこんなに被害が拡大するとは…

さてさて、私はパタヤ3日目にして飛んでもない目に遭うのですが。

この日はお嬢さんのお目覚めを待って遅めの朝食。

昨日の味を忘れられず、そこを提案するも却下。

大人しく彼女の行き付けの食堂へ。

まぁなんにしても向こうから手を繋いできてくれるのは嬉しいですね。

こんなこと日本では考えられません。

そして、普通の食堂で普通のクワイティアオ…

ホテルに戻って丘の上のお寺(ワット・カオ・プラ・バート)に行きたいと提案しましたが、独りで行けば?私はサロンへ行く、みたいな…

こういう所が自由なのかなぁ

まぁ独りで行ってもいいんだけれど、あそこは帰りの足を確保しておかないとちょっとハードな場所です。

丘の上のお寺はパタヤ市街が一望できる。

そして、私に帰りの足を確保する交渉力はない…

ちなみに前来たときは、彼女のバイクかバイタクを待たせておくか(彼女の交渉により)しました。

已む無く「泳いでくる…」を選択し、彼女はサロンに。

まだ泳ぎ足りませんでしたが、家族連れや中東だか印だかの恰幅のいい兄ちゃんたちが現れて、泳ぐどころではなくなったので敢えなく終了…

中東だか印だか区別が付かない、浅黒くて髭もじゃの兄ちゃんたちはなんで水着じゃなくて、下着でプールに入ってくるんだろう。

気持ち悪いです。

部屋でシャワーを浴びて、何か果物でも買ってこようかな?と思っていたところお嬢さんからの電話。

センタンに行こう、と。

道々、

Hungry?

Yes(朝のクワイティアオだけだったし)

OK~!

とはしゃぎ出すお嬢さん。

5Fまでフロアのあちこちに分断されたエスカレーターでひいこら昇っていくと…

また出た(笑)

今度は子供の親らしき男性もいるではありませんか。

お父さんそっくりなんだね。

二人並べば親子であることは誰の目にも明らか。

まぁ結婚して生まれた子なのか、よかったよかった。

着いた先はfireporkという韓国のサムギョプサルを食べさせてくれるお店。

肉は今韓国で流行っている厚切りの豚バラ肉。

エゴマがないのが残念です。

パイナップルも焼きます(笑)

肉を柔らかくするんだね。

韓国でもやってるのかな?

次から次へとやってくる肉、肉、肉!

これだけ多いと食べきれません。

親父は子供の世話で途中で抜けちゃうしf(^_^;

あとお嬢さんが頼んだスンドゥブと付け合わせのキムチとカクテキも頂きました。

ご馳走さまでした。

ここも私が払うのかと思っていましたが、流石に男手があると違います。

割り勘とはいかないまでも約半分出してきました。

偉いぞ父ちゃん!

あとで聞くと結婚はしてないみたいでしたが、まぁ男女間は人それぞれありますから。

形はどうあれ養う覚悟があれば十分です。

あとは姉妹でナイトバザーに行くとかで誘われました。

こんなところでも私の財布が役に立つんだね…ハハハ

普段着ないようなものを選んだり、なんだろ?と思いつつ、無事に買い揃えたみたいです。

さて…

ホテルに帰り、私はお腹もいっぱいで、ベッドに横になり食休み。

お嬢さんはテレビを食い入るように見ていました。

でも、なかなか寝つけません。 

胃が落ち着かない感じです。

普段ならあっけなく落ちているはず。

便意がするのでトイレに行くと…最後が水のように。

まぁこんなことはよくあること…

と思いつつ、ベッドに横になる。

また便意…

こんなことが2~3回続くと流石に焦ります。

今日食べたもので怪しいもの…

スンドゥブ?

あれにはアサリかなんか貝が入ってたんじゃ…

貝の毒って加熱によって無毒化できないって言ってたよなぁ…

それだ!

あちゃ~

痛恨のミス。

明日ラーン島へ行くって張り切ってたよな~

夜中には吐き気もしてきました。

本当に吐くほどのものではなかったのですが。

お嬢さんはテレビを見終わるとさっさと隣で寝てしまいました。

コノヤロー!(ノ-_-)ノ~┻━┻

明日のラーン島行きは中止して、病院へ行こう。

にほんブログ村

パタヤ2日目

ミケです。

昨日は目覚めてぼーっとしてたら、10時半を過ぎちゃって、ホテルの朝食も終わってるし、どうしようか?と。

ホテルから

今回はこの間仲良くなったお嬢さんの指定で、中心街から離れている所に宿を取りました。

野犬はいるわ(どこでもいますが、数が違う)、食事するところもないわ、で途方に暮れる…

まぁ、探せばあるんですが、観光客向けではないことは一目瞭然。

でも、入るしかないんですね。

丘の上のお寺(ワット・カオ・プラ・バート)にある食堂みたいな所を発見。

早速入ってみます。

若者が注文を取りに来ますが、まるで言葉が通じない。

料理人が出てきて、ヌードルでいいか?か、ヌードルしかできない、どっちかわかりませんが、食えるもんならなんでもいいや、とOKのサイン。

出てきたのは小豆色のスープに米の麺。

スパイシー?と聞いてきたので、色から予想できる味ではないのはわかります。

一口食べてみると、うまいではありませんか。

普通は味を整えなきゃ食えたもんではないクワイティアオ。

最後まで何も入れずに完食しました。

こんなうまいクワイティアオもあるんだと再確認しました。

写真がないのは失敗です。

そのあとはプールで一泳ぎして、そこら辺をブラブラして時間を潰しました。

そして、再会。

Darlingと呼ばれ、動揺します。

いつから昇格したの?f(^_^;

嫌な気持ちはしないけど。

ムーガタが食べたいというので、乗ってあげます。

ここら辺はムーガタ等みんなで飲み食いできる場所には困りません。

ホテルを降りると、2人の親子が待っていました。

Σ(´□`;)

お嬢さんの姉とその子供でした。

まさかのパターンです。

タイブログでこういうパターンもあるとは聞いていたものの…

自分がその主人公になるとは…orz

まぁにこやかなお姉さんで言葉は通じないものの、始終笑顔で安心しました。

ムーガタを食べ終わったあとはお嬢さんが働くバーに連れていかれました。

お嬢さんの特権で特等席と呼ばれる席を譲ってもらい壇上のショーを閲覧。

その間にも彼女の友達が次々訪れ、私を弄びます。

でも、こういうのって正直困りますよね。

手を出していいんだか悪いんだかf(^_^;

一応、お酒だけ奢っておきました。

ここに来ることは予想しておらず、そんなにお金もなかったことが幸いして、10人を越えずにお開きとなりました。

にほんブログ村

パタヤ!

ミケです。

この時期のパタヤはこんなに過ごしやすいんですね。

暑すぎず適度な暑さ。

昨日は結局10時半過ぎにパタヤに着いて、荷ほどきや汗シャワーを浴びたりしてたら、12時まで何分もない時刻に…

でもそこで寝たらパタヤに来た意味がない、ってことで出掛けました。

目指すはLKメトロ!

前回連れ出し損ねたおねえさんにまず会いに。

相変わらず過疎ってんなぁと思いつつ、無事再会。

でも、この間一緒に遊んだ禿が先に私に気がついて、そのあとずっと私のそばを離れない…(-_-;)

おねえさんにはタイミングが悪すぎる、と叱責されるしいいことないなぁ…

と、最後まで粘りましたが、禿が邪魔して進展なし(´Д`)

あ、12時過ぎちゃったからもう一昨日か…

て時差もあるから2時過ぎか…

失礼しました。

にほんブログ村

タイ!

ミケです。

今、タイに来てます。

やはり、マスクは必着のようです。

スワンナプーム空港では様々な色や形状のマスクが見れ、これはこれで楽しいかも、と不謹慎ながら思ってしまいました。

今はパタヤ行きのバスに乗って移動中です。

エカマイ駅を降りていくと、果物の露店があったので思わず、マンゴーを買ってしまいました。

で、バスの中で食べてます。

こっちのマンゴーは青いものも売ってます。

青いマンゴーは酸っぱい(>.<)

でもそれがおいしいんですね。

大抵、実のまんま売ってるから、その場で切ってもらって。

売ってるおばちゃん(おいちゃん)にスパイスも付けてもらって、それに付けて食べると癖になります(^^)b

でも今日のマンゴーは中が黄色くて甘い(*´ω`*)

これもうまいなぁ

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

ペースダウン

ミケです。

私の目指すブログが『稼げない』と言われ意気消沈しているところです(笑)

いえ、これがまだ稼げるブログだったら、無理して毎日書こうかな、と思ったんですけど。

稼げないものに時間を取られるのも馬鹿馬鹿しいので、ちょっとペースダウンします。

やらなければいけないことは他にもあるので。

ところで、中国人がまたやってくれましたね。

米中合意、ではなくてコロナウィルス。

日本に住んでる、マナーを身に付けた中国人は好きですが、そうでない中国人は好きになれません。

まず自己中心的な行動がとてつもなく酷い。

観光地へ行けばよくわかります。

アジアの恥と言ってもいいでしょう。

話は戻って、コロナウィルス。

先日はタイでコロナウィルスに感染した中国人観光客が見つかりました。

春節に合わせて、1月~2月はタイに行く中国人が増えるそうです…

他の時期でもごった返してるけど。

私も今月末に行く予定です…orz

ず~んと重い気分でいたところ、今度は神奈川県に住む中国人が感染していたと。

手当たり次第、迷惑なやっちゃな!

ま、これでどこに行っても同じか、と諦めがつきました。

さて、このコロナウィルス、SARS,MERSよりは弱くて、人から人への感染もしないと言われておりますが。’20.1.20中国政府は人から人への感染を認める。

SARSはハクビシンが感染源と言われていましたが、実は中国に棲むコウモリが犯人とされています。

MERSの方は中東を中心に未だ猛威を奮っているそうで、死亡率もダントツで30%以上と言われております。

コロナウィルス…なんにしても怖いですね。

さて、そんなわけで、少しはタイ語を話せるようにしておこうと思って、タイ人のいるお店に行ってきました(笑)

明朗会計でなかなか安心できるお店でした。

タイ語もだんだん思い出してきました。

にほんブログ村