日本

ミケです。

年末の続きになりますが、

日本の経営者は私たち労働者の給料や賞与をコストとしか見ていません。

コストは安くするのが当然だ。

その安直な考えがここまで日本経済を破壊してきたのです。

自分の聖域を守るため必要以上にため込み、

社会を潤す等とは一向に考えない。

コストを削っていくら内部留保が貯まりました。

と株主総会で報告すれば、一応の格好はつきますからね。

日本の機関投資家も少しずつ動き出しているようですが

まだまだほんの一掴みだと思います。

へぇ~すごいじゃない!

と納得するおバカな株主や

配当さえもらえればなんでもいい

と考えている株主も多いんじゃないでしょうか?

子も子なら親も親

てところでしょうか。

大鑑巨砲主義に取り憑かれて敗戦した帝国海軍を見ているようです。

まさか、とお思いですか?

日経新聞によると

17年の日本の報酬中央値(約1,080万円)はシンガポールや北京よりも安いそうで、

米国の当局はサンフランシスコの年収1,400万円の家族を低所得者と分類したそうです。

だから、今や日本人は安い労働力として海外から引く手あまたなんです。

日本のケチな経営者の下で働くよりも、

海外で働いた方がよほどいい暮らしができると考える人間も増えるでしょう。

私たちの世代ではまだ英語すらしゃべれない人間も多く、

厳しい労働条件に耐えるしかないのですが

これからの若者は違います。

こんな苦しい国で働いている労働者の子供なのです。

外国語教育も施されているでしょう。

簡単にアプリなどで勉強する環境が整います。

どんどん羽ばたいてほしいものです。

にほんブログ村

スタート

ミケです。

どうやらインフルエンザではなさそうです。

動けてます(笑)

一昨日のパーティーでは韓国人がいたため、

タイで買った唐辛子を3本も入れて作った料理が大好評で

ヽ(´▽`)/

日本人にはちょっと辛すぎましたがσ( ̄∇ ̄;)

それからニュージーランド産のヒレステーキも2切れ焼いていきましたが

これも大好評。

塩とコショウだけでレアに焼いて、

ステーキ肉の売り場に売っていたわさびと醤油をつけて食べると

これが驚くほどうまいんです。

わさび⬇

https://azumino-natural-food.jp/products/detail/19

そもそもニュージーランド産のヒレ肉が

あんなに柔らかくて、うまいなんてビックリしました。

実は1切れ500円前後のものを40%引きで買ったものなんですけどf(^_^;

300円×2つで600円。

安い買い物だなぁ(*´ー`*)

わさびも希望小売り価格よりかなり安くて260円ぐらい。

ローテーションに入れようかしら。

というわけで、

今日は実家から持ってきた漬物とその漬物を炒めたもので簡単に。

明日から会社も始まりますし、

ブログも本格的にスタートしたいと思います。

にほんブログ村

作法

ミケです。

昨日は色んなハプニングに見舞われながら、なんとか新年会を終えることができました。

てか、新年早々、旧年末の悪夢を再現するような事件が立て続けに勃発…

嫌な年明けとなりました。

昨日は泊まりがけで騒ぎ、今日の昼過ぎ、帰宅しました。

どうもその辺から体調がおかしいのです。

食欲がなく、ダルい。

気のせいならいいんですけど、

私の経験上インフルエンザの初期症状がこんな感じなんですよね。

体温がドーンと落ちて只体がダルい。

寒気もないんですが、翌日急激に高熱になり、立てなくなる。

うーん…

では本題。

年末にCATVで

『鴨川食堂』(2016 NHK BSプレミアム)

なるドラマを放映しておりました。

深夜食堂、ワカコ酒、孤独のグルメ…

色々食に関するドラマがありますが、これはどんなドラマだろうと。

夜中にイッキ見だったので3時頃まで頑張ったのですが、

朝まではもたず、録画しました。

なので、うっすらとしか覚えていませんが

手皿で食べる人が多いなぁ、ということが印象的でした。

志麻さんは何の役だったんだろう?

志麻さんも手皿だったよなぁ

もしかして舞台の京都では手皿はよしとされている?

後で調べると志麻さんは作法教室の先生だとか。

確かにお上品な手つきでした。

もうちょっと調べると、懐紙を受け皿にして食べるのは許されるようで。

もしかしたら、志麻さんの手には懐紙が置いてあったのかもしれません。

まぁ作法なんて私にはさっぱりですから。

良しとする流派があるのかもしれません。

他にも2016年当時にこのことについて指摘しているブログもありました。

うーん…

やっぱり一般的には手皿は行儀悪いことなんですよね?

にほんブログ村

移動日

ミケです。

今日は移動日です。

それと夜に新年会?があるので。

本当は昨日帰りたかったのですが、

2日の方が混んでいて、切符が取れなかったのです。

今までそんなことはなかったんですが。

3日までいるのは久しぶりです。

そのせいか、朝から鼻の通りが悪く、喉もいがらっぽいです。

風邪?(´д`|||)

こんなところで倒れられないので、

タイで買い込んだ抗生剤を服用。

やっぱりこっちは寒すぎます。

今、新幹線の中です。

東京に着いたら結構忙しいです。

新年会?に持参する料理を作らないと。

これも大変で、食材を買うところから始めないと、なので

今からだと本当ギリギリですね。

クリームソースでいいか、と思ってたら

トマトソースがいい

とリクエストが…f(^_^;

トマトソースはある程度煮込まなきゃいけないし、

失敗するとすぐバレてしまうんで…

今日1日気が抜けません。

にほんブログ村

聖飢魔II 35th anniversary

ミケです。

私の青春時代の全てをなげうって狂信させた

伝説のヘヴィメタルバンド、

いや宗教団体、

聖飢魔IIがまた期間限定で蘇ると宣言なさいました。

題して

「地球デビュー35周年記念期間限定再集結」

https://www.seikima-ii.com/

https://mobile.twitter.com/hashtag/%E8%81%96%E9%A3%A2%E9%AD%94II?src=hashtag_click

めでたい。

パチパチパチ♪ヽ(´▽`)/

情報としてはちょっと古いんですがf(^_^;

これが発表されたのは旧年の大晦日に行われた

聖飢魔II 地球征服20周年記念 

伝説の解散大黒ミサ3days

『THE ULTIMATE BLACK MASS』ヴィデオ黒ミサ(上映会)

の上映後らしいです。

だから正確には閣下が階段を登り切るのと同時に

カウントダウンが0になった後

ということになりますので、正確には2020年になった後ですね。

この上映会、当日まで存在を知りませんでした。

実家に帰り、母親と兄一家と私で2019年最後の晩餐をつついている時に

兄に知らされました。

スケジュールを見ると

とんでもないことをなさっていらっしゃる(笑)

お昼の1時から3daysぶっ通し(笑)

休憩はあるものの…

事前に知ってても

無理!

です。

半日立ってるなんて…

2010年に代々木体育館で行われた『Girls Award』で少女時代が出るまで

3~4時間、最前列でがんばった経験がありますが

そのときでも

「も~無理!」

となりましたから。

大体、ご本尊もいらっしゃらないのにそんなにがんばれませんf(^_^;

私、アリーナでモニター観ながら観賞というのも

なにか違うな、と思ってます。

モニター観ながらなら半額以下でいいんじゃない?

と思ってしまいます。

だから私はアリーナ会場は行きません。

いい席なんか取れた試しがありませんから。

話がズレました。

思い出しました。

1999の解散ミサは酷かったですね。

確か事務所が吉本に変わって、

バスツアーなんかにチケットがほぼ買い占められちゃって

ファンクラブの分が全然足りなかったんですよね。

だから、私は初日と中日は買えたんですけど、

千秋楽が手に入らなくて

ツテを頼ってスタッフパスで潜り込みましたσ( ̄∇ ̄;)

今はもうそんなことできないでしょうけど。

いい思い出です。

今年もチケット強奪戦やるのか…

にほんブログ村

謹賀新年

明けましておめでとうございます。

ミケです。

今年もよろしくお願いします。

今年の抱負としては

今年もあることに挑戦するため

このブログを書くスピードを上げることですかね。

そうしないと

1日が24時間では足りなくなってしまうので…

いえ、今でも足りないんですけどねf(^_^;

まだ書きたいことは山程あるんですが、

いかに伝えるか

どの材料を使うのか

それに書くこと自体にかかる時間…

全部含めると2~3時間あっという間に経ってしまいます。

もっと上手に時間を使わないと。

そして、去年よりはいい生活したいですねf(^_^;

ではまた

にほんブログ村

よいお年を

ミケです。

今年は

こんな低賃金で生きていけるのか?

という生涯でも一番のピンチの年でもありました。

明日からどうしよう?という日も数え切れないくらいありました。

そんな中こんなブログまで始めて大丈夫か?

と疑問符いっぱいの状態でスタートしましたが…

まぁまぁ今のところ、大丈夫です(笑)

どこが着地点なのか、

どうなれば成功なのか、

まだわかりませんが、

読んでくださった方には感謝しています。

私も文才がない中、

1日1つテーマを書くのが結構時間がかかってしまって、

来年大丈夫かな?と思ってもいます。

まだ未熟者ですが来年もよろしくお願いいたします。

もう時間もないですね。

ありがとうございました。

よいお年をお迎えください。

にほんブログ村

経営者

ミケです。

今日は通勤電車も空いていて、いよいよ年の瀬を感じます。

って30日まできっちり働かされました(泣)

でも、我が職場では先着順で特別にお休みをもらえたようです。

ひどい(;つД`)

知りませんでした…orz

おまけに早く帰る予定が、人が足りずに残業しました(´;ω;`)

本題です。

日本は先進国と呼ばれて久しいのに、

賃金が他の先進国と比較すると明らかに下がっています。

全労連が作成した実質賃金指数を見てみるととんでもないことが起こっていますね。

https://www.zenroren.gr.jp/jp/housei/data/2018/180221_02.pdf&ved=2ahUKEwiO7bSfqN3mAhUCyosBHXYsAoMQFjAAegQIBRAC&usg=AOvVaw2ln-aIrIFfgiadKJaHoA7M

過去約20年間で100だった賃金が

オーストラリアが130以上

フランスが120以上

ドイツやアメリカが110以上

上がっているのに、日本だけ90以下に下がっています。

いくつか理由は考えられると思いますが、

1つには日本の経営者の手腕が原因だと思います。

なぜ日本の企業の経営者はこんなに馬鹿な手法しか打てないのでしょうか?

よく言われることですが、

日本ではサラリーマンが

“ところてん”

のように経営者に成り上がっている、というものです。

ビジネスリーダーたる素養もつけずに、部長や支店長の経験で経営しようとする。

部長も支店長も上の意向に従って動く役職です。

自分の頭を使って新しい価値観を編み出す、といったことには慣れていないんです。

だから、

過去に上手くいったことや

回りに引きずられるんです。

アメリカではきちんとプロの経営者の市場ができています。

ちょっと違うかも知れませんが、

『愛と青春の旅立ち』

原題

An Officer and a Gentleman.

という映画で

鬼軍曹にしごかれて

「お前なんか落としてやる」

みたいなことまで言われた主人公が卒業式で少尉になった途端、

鬼軍曹に「少尉殿」と敬礼されるシーンがあります。

鬼軍曹は訓練生を育てるため、

その階級を与えられ、

シゴキのテクニックを徹底的にマスターしています。

訓練生を育て上げ、

完成品が卒業式を終えれば、主人公は敬礼すべき立派な少尉です。

鬼軍曹はそこに誇りもあります。

アメリカではこのように役割ごとに市場があり、そのプロがいます。

上の意向を待ち、上のいいなりになる

プロでない経営者では今の時代は乗り切れません。

働き方改革を盾に残業ゼロを打ち出した経営陣に

では残業ゼロが達成された時やそれに近い実績を残せたら

インセンティブなり手当てをください

と言ったところ

それじゃせっかくコストを削ったのに意味がないよ

と返ってきた会社があるそうです。

なんというか…

にほんブログ村

忘年会

ミケです。

昨日と一昨日、遅めの忘年会に行って参りました。

昨日は唯一東京に出てきている高校時代の友人と。

楽しかった~O(≧∇≦)O

まぁ彼は来年の7月で異動が決まっているようで、あと何回会うことが出来るか…

一次会はこの間ここにも書いた『ことえん』。

いつも安いものしか食ってないから、たまにはいいものが食いたい

というので急遽予約しました。

そういうことは早く言え(笑)

いえ、彼の名誉のために言っておくと

貧乏だからいいものが食えないわけではなく、

きっと彼は妻帯者なので、

お財布の紐はガッチリ奥さんが握っているんでしょう。

多分、家庭に帰ればそこそこいいものが食べられるはずです。

まぁ今は

単身なのでコンビニと社食に頼りきっている

と言っていました。

男の独り暮しなんてどこも同じようなもんだなぁ(笑)

それから、今度書くつもりですが、

次世代は日本を見限って海外に目を向けるべきだ

と言ったところ、

意外にも力強く

そうだな、と。

彼は2児の父親であり、歴とした自衛官です。

その彼が、です。

彼にも考えはあるようで、

お子さんたちも自分の考えを主張するお年頃です。

聞けば、

お嬢さんたちは国際科のある学校を出て

英語に携わる職業に就きたいんだとか。

彼はお嬢さんたちが選んだ道を阻むつもりはないようです。

彼自身も米軍基地と密接な関係を持ち

やはり英語は大事だと。

彼自身も日々英語を勉強しているらしいです。

2件目は『一蘭』。

懐かしい。

大学時代、九州に住んでいたので一蘭にはお世話になりました。

っていっても、途中から飽きて、

他の、福ちゃんラーメンとか普通のラーメンしか食べなかったんですけどね。

でも久しぶりに店舗に入ると懐かしいもので

店の前で配られる注文票

あの出汁の匂い

一人ひとり仕切られたスペース

替え玉プレートを置くと鳴るチャルメラ。

何もかもが懐かしい。

食べかけで申し訳ありませんm(__)m

ただ、高い…(-_-;)

昔は1杯400円で、替え玉100円のワンコインプライスだったのに。

1杯980円 替え玉210円って…

もう一つ。

ほとんどが外国人。

客もスタッフも。

外国人にしてみればこれを高いと感じないんでしょうね。

日本人の感覚では

所得も増えてないのに、ラーメンばっかり高くなりやがって!

て怒るところですが。

一蘭や、ここには出ていませんが、かつくら等の経営者は

日本人の消費者を見限って、外国人の消費者を取り込んで

上手く立ち回っていますね。

3件目は上野駅前のアイリッシュパブ。

結構混んでます。

1pint。結構あります。

雰囲気は嫌いではありません。

でも、通されたところがトイレへ通じる通路のカウンターで…

10分を置かず人が通るので

落ち着かなかったです(´д`|||)

また呑もう。

にほんブログ村

どこを見てますか?

ミケです。

本当に。

経営陣のみなさま。

何を目的に内部留保を溜め込んでいるんですか?

内部留保とはこれまで企業が稼いだ利益で税金や配当金などを差し引いた累計です。

これは現金や預金を指す言葉ではありませんが、

日本の企業では現金や預金も膨れ上がっています。

リーマンショックのようなリスクに備えるため?

バカ言っちゃいけません。

同じ市場に換算するとアメリカより溜め込んでいることになるそうです。

アメリカも将来のリスクに備えて物凄く厳しい規制が敷かれています。

そのアメリカより何故溜め込む必要がありますか?

逆に日本政府は増加する内部留保を切り崩すよう促すような税制改正を決めました。

政府も困ってるんです。

賃金も上げずに、設備投資にも使わずに、

内部留保を使い道もなくただ溜め込んでいる企業に。

いったい日本企業の経営者はどこを見て、何を語りながら仕事をしているんでしょうか?

多分何も考えていません。

外国人投資家の目を気にしてROE(自己資本利益率)を上げた時期もありましたが、

この頃はまた1桁台に戻ってきたみたいですし…

ROEとはいかに効率的に利益を上げたか、という指標です。

内部留保はこの指標にとっては削るべき項目です。

ただコストカットしているより、よっぽど頭を使います。

頭使うのやめちゃったんですね。

コストカットは劇薬です。

危機的状況を脱したら使用をやめなければいけません。

それがなかなか難しいんですね。

コストカットに成功してしまうと、

まして働き方改革なんてものが残業に否定的な内容だと、

コストカットが正義だと思い込んでしまうのでしょう。

本当は新たな付加価値を創造し、

賃金を上げ、

設備投資にお金を使わなければならないときに。

海外からバカにされても仕方ありませんね。

にほんブログ村