繰越控除(2)

ミケです。

前回は前振りだけで終わってしまって失礼しました。

繰越控除が

損失をサンクコストと認めて、

痛い思いをした手当てと考えれば

使わない手はありませんね。

どういう制度かというと

国税庁のHPの言葉をそのまま抜き出すとこうなります。

損益通算してもなお控除しきれない損失の金額については、翌年以後3年間にわたり、確定申告により上場株式等に係る譲渡所得等の金額及び上場株式等に係る配当所得等の金額から繰越控除することができます。

つまり、損を出した年に損益通算しても残った損失額の分は、

翌年以後3年間、他の上場株式等の取引で儲けても不問に付してくれる

ということです。

例)

×1年、50万円で買った上場株式を20万円で売りました。年間の取引はそれだけでした。

20万円ー50万円=▲30万円

損益通算する所得がないので、×2年、損失30万円をそのまま確定申告しました。

※所得とは収入額から費用を控除して残った利益のことです。

×2年、上場株式を100万円で買い、配当金2万円を受け取りました。

この時点では普通に配当金に税金がかかります。

2万円×0.20315(所得税及び復興特別所得税15.315% 住民税5%)=4,063円

×2年、当該上場株式を120万円で売りました。

この時点では普通に譲渡益に税金がかかります。

120万円ー100万円=20万円(譲渡益)

20万円×0.20315(所得税及び復興特別所得税15.315% 住民税5%)=40,630円

×3年、前年の上場株式に係る税金(4,063円+40,630円=44,693円)を還付してもらうため、確定申告しました。

33,693円(所得税及び復興特別所得税)はしばらくして還付金が指定口座に振り込まれ、

11,000円(住民税)はこれから納税する住民税から減額という形で完了します。

ちなみに支払う住民税が11,000より少なければ、現金が還付されることになるでしょう。

×3年にまた配当金や譲渡益が発生したら、残りの損失8万円分まで繰越控除が適用できます。

次回は繰越控除の注意点を説明します。

※ここでは一般的な解釈について説明しています。詳しくは税理士、または税務署にお問い合わせください。

にほんブログ村

繰越控除(1)

ミケです。

投資をしていれば損をすることもありますよね。

以前、特定口座の話の中で触れましたが

年間の取引で出た損益は通算することができます。

年初の取引で譲渡益が出ていても

次の取引で損失が出ていたら相殺できるということです。

その反対で損失を出したら、その損失の分だけ譲渡益が消せるということで

年内に他の含み益が出ている株式等を売って

譲渡益を実現してしまおうという人もいます。

とはいっても、上場株式等の損益は上場株式等の損益とだけ通算ができる、という話になります。

FXで出した損益は株式等による所得とは区分が違いますので、通算できません。

“上場株式等”と“一般株式等”

国税庁のHPでは“上場株式等”と“一般株式等”という言葉が出てきます。

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1463.htm

上場株式等とは、早い話が取引所に上場している株式をはじめ、公社債や投信のことです。

大まかに、証券会社で扱っている証券はほとんど上場株式等と考えてよく

特定口座で取引できる証券はみんな上場株式等です。

一般株式等とは、それ以外の証券です。

例えば、未上場株式であったり、

少数または特定の人間や法人にしか売り出していない株式や債券等がそうですね。

心配な方は販売者にお問い合わせください。

特定口座

以前説明した特定口座で全ての取引を済ませているなら

年間取引についてはなんの心配もいりません。

自動的に通算してくれます。

ただし、限界もあります。

複数の特定口座をお持ちでそれぞれの損益を通算したいと思ったり

損失が出てしまい、1年のうちに相殺できるような(利益の出る)取引が出来ずに年を跨いでしまったり

したときは確定申告をしなければ通算できません。

って、年を跨いでも損益を相殺できる場合があるんです。

正しくは繰越控除といいます。

それは譲渡益より譲渡損失が大きい場合に限られます。

次回、繰越控除についてお話ししますが、気になる方はこちらをどうぞ。⬇

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1474.htm

※ここでは一般的な解釈について説明しています。詳しくは税理士、または税務署にお問い合わせください。

にほんブログ村

ことえん

ミケです。

ひさびさに焼き肉に行ってきました。

1年の終わりぐらいいいじゃないですか。

そう納豆ばかり食べてたんじゃ考え方も貧相になってしまいます(笑)

ここのタン塩がちょーウマイ!

と連れに紹介してもらったのがここ

『ことえん』

場所は西日暮里の駅前。

昔インド料理屋かなんかが入ってなかったっけ?

オシャレな作りですな。

半個室に区切られていて、他の客の目が気になりません。

コート類も椅子の天板を開けて収納できるタイプ。

こういうの嬉しいですね。

焼き肉の匂いとか気になるんです。

で、注文。

ロース、カルビ…

限定!黒毛和牛のぶつ切りMTO仕立て

なんてのがメニューのトップの二段目にあります。

そんなに高いものでもないし、食べてみよう。

特上タン塩の厚切り焼は食べたことあるけど、タンは普通の上タン塩焼きがオススメ、と連れ。

その代わり、上ハラミの厚切り焼がいつ来ても売り切れなので、食べてみたいと。

残念。

今回も売り切れ。

普通のハラミを注文。

あとは店員さんのオススメを聞いてホルモンを。

今回は売り切れてましたがシロテッチャンがオススメなんだそうです。

あとは付け合わせにカクテキ。

2人前ずつ頼んだのですが、大皿に盛られてきて、豪華に見えます。

まずは連れオススメの上タン塩焼き。

厚い。

普通でこれだったら厚切り焼きはどんなん?と思ってしまうほど。

なんともいえない心地よい歯応え。

厚いタン…これが!

評判も頷けます。

続いて黒毛和牛のぶつ切りMTO仕立て。

はなんのことはない。

壺漬けのことであります。

M…揉んで

T…漬けて

O…おいしい

だったか。

味付けはまぁまぁ。

けれど、肉が…!

溶けます!

いい肉使ってるなぁ。

カルビもハラミも美味しゅういただきました。

私は気にならなかったけど、連れはホルモンが気に入らなかったみたいです。

白飯を頼みましたが、うーん及第点。

ちょっと水分が多かったようです。新米だったのかな?

カクテキもちょっと苦かった。

いい肉使ってるのにもったいない…

でもでも、これだけの肉をリーズナブルに食べられたので満足しました。

にほんブログ村

サンクコスト

ミケです。

今年もあと僅か。

皆さんはこの一年間いかがでしたか?

事業は順調でしたか?

思っている人とうまく付き合えましたか?

狙っていた資格は取れましたか?

新しいことは始められましたか?

これらの質問に明るく答えられた方は素晴らしいですね。

羨ましい限りです。

口ごもっちゃった方、来年が、いえ、明日が、いえ、これからがあります。

サンクコストという言葉をご存じですか?

日本語で埋没費用といいます。

サンクコスト

事業や行為に投下した資金・労力のうち、事業や行為の撤退・縮小・中止をしても戻って来ない資金や労力のこと。

Wikipediaではこのように説明しています。

経済学の言葉です。

つまり、もはや回収することが不可能な費用のことです。

会計学では簡単に損失といったりしますが。

このサンクコストを切り取って、考えないようにすることが経済学ではよいとされています。

これはどんな場面でも有用だと考えます。

例えば上で質問したことなんかそうですよね。

古い話ですが、リーマンショックの直後。

あらゆるものの価値が暴落しました。

わかりやすいものは株や投信等の金融商品です。

価値の半分以上が吹き飛びました。

あのとき、それらを持っていた人たちはどう行動したでしょうか?

色々な考えがあり、様々に対応されたと思います。

反射的に大損を出しながら、売却して市場から撤退した人。

市場に残って、商品を買い換えたり、買い増したりした人。

含み損を抱えながら、売ることも出来ずに塩漬けにした人。

やはり最後のパターンが多かったようです。

サンクコスト、つまり下落前の価値が頭にこびりついて、価値の回復を待ってしまったのです。

当時、毎月配分型の投信が人気でした。

それが傷を更に深くしました。

以前説明しましたが、毎月分配型の投信は損を出しても分配金がでる金融商品です。

その原資はファンド自身です。

ファンドは自分の体を削って分配するわけです。

こんな商品がショック前の価値に回復するはずもありません。

毎月分配型投信は10年以上経った今も当時のまま低迷している商品が多いのです。

商品の選択が正しかったのなら、そのままにしておいてもよかったのかもしれません。

しかし、もし、毎月分配型投信や優良とはいえない株式等を持っていたら、すぐに見直すべきだったのです。

インデックス投信等は優良な株式と共に順調に回復しています。

大切なことは過去の栄光に引きずられず

どれだけがんばったかにも影響されず

これまでだらだらと続けていたことを潔くやめ

今ある資金や労力でより高い効果を狙える選択肢を選ぶことです。

そうすれば新しい道も見えてくるはず…です。

私が言っても説得力ないですけどね(笑)

にほんブログ村

パワーハラスメント(4.5)

転職

ミケです。

そういえば何度か転職を考えました。

障害者の求人サイトに登録して、面接にも行きました。

結構疲れるんですよね。

登録して、企業説明会に行って

有望な企業に履歴書渡して

うまく面接まで通って

あなたを迎えたいって言ってくれた企業もありますが

当時(今も同じ…)の待遇と比べると

遥かに低かったり、同等でも先が見えていたりで

転職までは至りませんでした。

ここで一つ言えたのは

やはり企業は障害者でも営業職を求めている、ということ。

実際、ほとんどの担当者から

営業の経験があるかどうか

聞かれました。

やってみたかったし

今もやってみたい気持ちはありますが

人事部は取り上げてくれませんでしたし

今の上司も

大変なところだから

とあまり賛成してくれません。

私としては

どんなに嫌な思いをしても同じ給料、よりも

嫌な思いもするけれど

給料もそれに応じて増えた方が嬉しい

というかそれが自然だと思います。

当然ながら、

私が行った説明会では即戦力を求めているそうで

意欲だけでは買ってくれませんでした。

ひと通りの結果が出ると

もう疲れてしまって

到底次の転職活動へは続きませんでした。

こんなことが3回ぐらいありました。

パワーハラスメント(4.4)

日常業務

ミケです。

この頃は待遇には苦しんでいたものの、それなりに充実した毎日を過ごしていたと思います。

それもいつか報われると信じてのことです。

こんな生活を強いられるとわかっていたら…

当時何をやっていたかというと、実質、課長補佐みたいなことをしていました。

まぁ事務処理は当然として、勉強会の講師とか。

その議事録の作成とか。

資料の作成とか。

マニュアルの作成とか。

営業員が騒ぎ出したらその鎮静とか。

本部への問合せとか。

営業員に本部の考え方を噛み砕いて伝えるとか。

今考えても等級が一つ違うよなぁと思います。

査定はいつも6段階の3でした。

だからそれって一つ上の等級での話じゃない?

課長がいうには、こういう零細部署の総務課員では3が最高評価である、とのこと。

3だったのならそれを死守してがんばれと。

いつか上がるからと。

それを鵜呑みにして部長にはなにも言えませんでした。

後程、人事部からの説明では、「昇進には4が3期続かないと無理」とのこと。

その場でくずおれました…orz

一つ上の等級のオッサンは使い物にならなくて、伝票のチェックやらポスターの張り替えやら、雑用ばかりやっていました。

いいよな。

何をやって評価されたのか知らんけど。

にほんブログ村

BABYMETAL 再考(2)

ミケです。

いえ…

色々調べて、動画を見たりして

「今までは1+1+1=100ぐらいになっていたものが、ふたりだとどうがんばっても2にしかならなくて」

という言葉にぶつかった時、涙が出ました。

今の動画を見ると確かに成長してますね。

少女ではない。

Su-metalは20歳になったのか。

Moa-metal、キレイに化けたねぇ

2人とも色香を漂わす女になりましたね。

そこを見誤っていました。

子どもではない、凛とした女性が舞っています。

『PA PA YA!!』

いいじゃないか。

3回ぐらいしか聞いていませんが、耳から離れなくなりました。

もうアヴェンジャーズを調べるとか、どうでもよくなってしまいましたが(笑)

取り敢えず

鞘師里保

一番面積を感じさせるアヴェンジャー。

元モーニング娘。

藤平華乃

Official動画

『 PA PA YA!! 』

に出演しているアヴェンジャー。

私が見る限り、一番しっくりきます。

岡崎百々子

スーパースリッパ10の動画に出演しているアヴェンジャー。

この子もなかなかいい。

父親が華丸って驚いた。

結論

3人でトライアングルを組んでも、Su-metalとMoa-metalの2人だけに目を奪われてしまうのは、もうどうしようもないことなんですね。

2人と1人の纏うオーラがちがっていても、それでも見ていたいと思えるようになりました。

にほんブログ村

BABYMETAL 再考(1)

ミケです。

以前

Yui-metalの脱退後のBABYMETALは正視に堪えない

と書きました。

最近、YouTubeで動画を見ることが増え

2019 GlastonburyでのPA PA YA!!

の動画が上がっていたので

怖いもの見たさで見てみました。

やっぱり…

まるで学芸会の見世物です。

今の体制は

正規BABYMETALメンバー

  • Su-metal
  • Moa-metal

に加えて

サポートダンサー集団

アヴェンジャーズ

  • 鞘師里保(さやしりほ)
  • 藤平華乃(ふじひらかの)
  • 岡崎百々子(おかざきももこ)

のうち、1人がライブ当日に選ばれる形式を採っているらしいです。

Su-metalの脇を2人のかわいいダンスユニットで固める

いわゆるトライアングルフォーメーションは崩せない。

それはわかります。

それにしても…

であります。

動画に映っていたアヴェンジャーはどうやら

鞘師里保らしいのですが

あまりにも丸すぎる。

うーん…

イメージが崩れます。

かわいいのベクトルが違う気がします。

こんなものを見せられては…

と思ったのですが

もうちょっと知ってからでも遅くはない、

と思い直し調べてみました。

にほんブログ村

パワーハラスメント(4.3)

敵対関係

ミケです。

社外の人間を置いておくというのもなかなか大変なものでして。

うちの会社のインフラを使って営業するということは

うちの会社の看板で営業しているのも同然で

規則やらも社員と同じく遵守しなくてはなりません。

それが気に入らない者もいて

私たちが失敗するのを手ぐすねひいて待っています。

今月はどの商品をいくら売らなければならない

といった営業目標は彼らには課されないので

彼らは自分の好きなものを売ります。

しかし、顧客から稀に彼らの専門外の注文が入ります。

そういうときは私たち社員の手を借りなければ何もできません。

仕様書や見積書等の作成は営業員が自分でやることになっています。

が、彼らはマニュアルを見ながら

ここはどうやればいいんだ

これはどうやればいい

といちいち聞いてくるので

社員が作ってしまいます。

そこで感謝してくれればいいんですが…

記載ミスなんてしようものなら

部長まで引っ張り出して顧客に謝らせます。

本来なら丁重にミスを説明して

顧客が納得したら

訂正したものと差し替えて終了、のところを。

わが社の部長を謝らせた

ということで悦に入っているわけです。

ねちっこいというか、

いやらしいですね。

そんな部署で何年も働いていたら

性格もねじ曲がって当然とも思えます。

部長からは

彼らの動向を逐一見張り

ルールで縛り付けろ

と言われ

課長からは

仲良くするな

と言われていました。

私はまぁ頼られて嫌な気はしませんでしたし

話が合う人間もいたので

のらりくらりと日々を過ごしていました。

にほんブログ村

パワーハラスメント(4.a)

題名が???

ミケです。

ふと今書いている内容と

題名が合っていない気がして。

そもそもパワーハラスメントって?

職場のパワーハラスメントとは

職場のパワーハラスメントとは、同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内での優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為をいいます。

ー厚生労働省HPよりー

大体合ってるような気がする。

職場内での優位性を背景に”

まぁ部長や人事部のことだろう。

業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える”

うん。

賃金を必要以上にケチって、従業員に生活水準を下げろと言ってます。

ある程度の生活水準を確保し、

右肩上がりになるように将来を描かせつつ、

がんばって働こうっていうのが現代社会の図ではないのでしょうか。

豊かな生活基盤があってはじめて、がんばろう!という気になるのではないでしょうか。

先細りする未来を見せても、人間は疲弊するだけです。

本当にツラいです。

この歳で夕食を納豆にするかカップ麺にするか迷う事態が起ころうとは…

この時の職場で昇進した時のことを思い出しました。

部長に呼び出されて、昇進の報を聞いた時は報われた!と思ったのですが…

次の瞬間、凍りつきました。

昇給がいつもと同じなのです。

昇進の意味がありません。

昇進して落ち込むとは思いもよりませんでした。

何を目標に生きていけばいいかわからなくなりました。

わが社は障害者のスポーツに多数協賛しております。

しかし、障害者の従業員に対しては冷たく

応援しようとか

夢を見せようとか

これっぽっちも思っていません。

障害者雇用率制度で雇う義務があるから

それに従っているだけなんです。

悲しいですね。

最初の疑問、障害者差別とか労働問題とかにしようか、

とも思いましたが、

このままでもいいような気もしてきました。

にほんブログ村