パタヤ2日目

ミケです。

昨日は目覚めてぼーっとしてたら、10時半を過ぎちゃって、ホテルの朝食も終わってるし、どうしようか?と。

ホテルから

今回はこの間仲良くなったお嬢さんの指定で、中心街から離れている所に宿を取りました。

野犬はいるわ(どこでもいますが、数が違う)、食事するところもないわ、で途方に暮れる…

まぁ、探せばあるんですが、観光客向けではないことは一目瞭然。

でも、入るしかないんですね。

丘の上のお寺(ワット・カオ・プラ・バート)にある食堂みたいな所を発見。

早速入ってみます。

若者が注文を取りに来ますが、まるで言葉が通じない。

料理人が出てきて、ヌードルでいいか?か、ヌードルしかできない、どっちかわかりませんが、食えるもんならなんでもいいや、とOKのサイン。

出てきたのは小豆色のスープに米の麺。

スパイシー?と聞いてきたので、色から予想できる味ではないのはわかります。

一口食べてみると、うまいではありませんか。

普通は味を整えなきゃ食えたもんではないクワイティアオ。

最後まで何も入れずに完食しました。

こんなうまいクワイティアオもあるんだと再確認しました。

写真がないのは失敗です。

そのあとはプールで一泳ぎして、そこら辺をブラブラして時間を潰しました。

そして、再会。

Darlingと呼ばれ、動揺します。

いつから昇格したの?f(^_^;

嫌な気持ちはしないけど。

ムーガタが食べたいというので、乗ってあげます。

ここら辺はムーガタ等みんなで飲み食いできる場所には困りません。

ホテルを降りると、2人の親子が待っていました。

Σ(´□`;)

お嬢さんの姉とその子供でした。

まさかのパターンです。

タイブログでこういうパターンもあるとは聞いていたものの…

自分がその主人公になるとは…orz

まぁにこやかなお姉さんで言葉は通じないものの、始終笑顔で安心しました。

ムーガタを食べ終わったあとはお嬢さんが働くバーに連れていかれました。

お嬢さんの特権で特等席と呼ばれる席を譲ってもらい壇上のショーを閲覧。

その間にも彼女の友達が次々訪れ、私を弄びます。

でも、こういうのって正直困りますよね。

手を出していいんだか悪いんだかf(^_^;

一応、お酒だけ奢っておきました。

ここに来ることは予想しておらず、そんなにお金もなかったことが幸いして、10人を越えずにお開きとなりました。

にほんブログ村

投稿者: mikenojo

♂身体障害者。 CFP®認定者。 現在、某グループ会社の一つに出向中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です