パタヤ3日目

ミケです。

更新が遅れてます。

1日も欠かさず更新なさっているブロガーさんはすごいなと。

それにしてもコロナウィルスについて中国政府が非を認めたということは大きいかも知れませんが、それを補う措置を採ってほしいですね。

年末から大陸を出た全ての中国人に召還命令を出すとか。

まさかこんなに被害が拡大するとは…

さてさて、私はパタヤ3日目にして飛んでもない目に遭うのですが。

この日はお嬢さんのお目覚めを待って遅めの朝食。

昨日の味を忘れられず、そこを提案するも却下。

大人しく彼女の行き付けの食堂へ。

まぁなんにしても向こうから手を繋いできてくれるのは嬉しいですね。

こんなこと日本では考えられません。

そして、普通の食堂で普通のクワイティアオ…

ホテルに戻って丘の上のお寺(ワット・カオ・プラ・バート)に行きたいと提案しましたが、独りで行けば?私はサロンへ行く、みたいな…

こういう所が自由なのかなぁ

まぁ独りで行ってもいいんだけれど、あそこは帰りの足を確保しておかないとちょっとハードな場所です。

丘の上のお寺はパタヤ市街が一望できる。

そして、私に帰りの足を確保する交渉力はない…

ちなみに前来たときは、彼女のバイクかバイタクを待たせておくか(彼女の交渉により)しました。

已む無く「泳いでくる…」を選択し、彼女はサロンに。

まだ泳ぎ足りませんでしたが、家族連れや中東だか印だかの恰幅のいい兄ちゃんたちが現れて、泳ぐどころではなくなったので敢えなく終了…

中東だか印だか区別が付かない、浅黒くて髭もじゃの兄ちゃんたちはなんで水着じゃなくて、下着でプールに入ってくるんだろう。

気持ち悪いです。

部屋でシャワーを浴びて、何か果物でも買ってこようかな?と思っていたところお嬢さんからの電話。

センタンに行こう、と。

道々、

Hungry?

Yes(朝のクワイティアオだけだったし)

OK~!

とはしゃぎ出すお嬢さん。

5Fまでフロアのあちこちに分断されたエスカレーターでひいこら昇っていくと…

また出た(笑)

今度は子供の親らしき男性もいるではありませんか。

お父さんそっくりなんだね。

二人並べば親子であることは誰の目にも明らか。

まぁ結婚して生まれた子なのか、よかったよかった。

着いた先はfireporkという韓国のサムギョプサルを食べさせてくれるお店。

肉は今韓国で流行っている厚切りの豚バラ肉。

エゴマがないのが残念です。

パイナップルも焼きます(笑)

肉を柔らかくするんだね。

韓国でもやってるのかな?

次から次へとやってくる肉、肉、肉!

これだけ多いと食べきれません。

親父は子供の世話で途中で抜けちゃうしf(^_^;

あとお嬢さんが頼んだスンドゥブと付け合わせのキムチとカクテキも頂きました。

ご馳走さまでした。

ここも私が払うのかと思っていましたが、流石に男手があると違います。

割り勘とはいかないまでも約半分出してきました。

偉いぞ父ちゃん!

あとで聞くと結婚はしてないみたいでしたが、まぁ男女間は人それぞれありますから。

形はどうあれ養う覚悟があれば十分です。

あとは姉妹でナイトバザーに行くとかで誘われました。

こんなところでも私の財布が役に立つんだね…ハハハ

普段着ないようなものを選んだり、なんだろ?と思いつつ、無事に買い揃えたみたいです。

さて…

ホテルに帰り、私はお腹もいっぱいで、ベッドに横になり食休み。

お嬢さんはテレビを食い入るように見ていました。

でも、なかなか寝つけません。 

胃が落ち着かない感じです。

普段ならあっけなく落ちているはず。

便意がするのでトイレに行くと…最後が水のように。

まぁこんなことはよくあること…

と思いつつ、ベッドに横になる。

また便意…

こんなことが2~3回続くと流石に焦ります。

今日食べたもので怪しいもの…

スンドゥブ?

あれにはアサリかなんか貝が入ってたんじゃ…

貝の毒って加熱によって無毒化できないって言ってたよなぁ…

それだ!

あちゃ~

痛恨のミス。

明日ラーン島へ行くって張り切ってたよな~

夜中には吐き気もしてきました。

本当に吐くほどのものではなかったのですが。

お嬢さんはテレビを見終わるとさっさと隣で寝てしまいました。

コノヤロー!(ノ-_-)ノ~┻━┻

明日のラーン島行きは中止して、病院へ行こう。

にほんブログ村

投稿者: mikenojo

♂身体障害者。 CFP®認定者。 現在、某グループ会社の一つに出向中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です