パタヤのpretty girl(2)

ミケです。

今朝、はよユカリ書け、と天啓がありました。

ごめんなさい。

1人でもこういう読者様を大切にしていかなければなりませんね。

明日から書くのでご容赦願います。

「今、どこ?」

日本だよ

いつものようにLINEが始まりました。

元気?

「あんまり・・・

ずっと部屋に閉じこもってます」

このLINEをもらった時はまだタイがあんなことになっているとは知らず

「そっちのコロナはどう?ワクチンは?」

と聞きました。

「接種しません。」

シノバックじゃ打ちたくないだろうね。

ましてこの子はまだ若い。

「どこにも行けない。助けてください」

続けて

「仕事をしなければならないのに。」

日本に来るかい?

こちらからは行けない。

でもこの子がこっちに来れば助けてあげられる。

そんな意味で

私と結婚する?

と軽い冗談(?)のつもりで返すと

「そうね。私もそう思います」

と。

いつもと違う。

なにかあった?

「仕事をするか迷ってる」

働かせてもらえばいいじゃんと軽く受け止めてしまい

パタヤに仕事があるの?

と聞くとSSを送ってきて

「とても長い間仕事はしていません。」

SSにはLINEのトーク画面が写っており

―仕事する?

 内容は?―

―SEX

―5555

と・・・!

鈍くさい私でもこれではっきりと理解しました。

ハゲオヤジに足元を見られ、あろうことかSEXを要求されていたのです。

助けてください、のあとの言葉は

“仕事をしなければならないのに”

ではなく

“仕事をしなければならなくなります”

だったか。

どうしよう。

助けてあげたいが・・・

あなたとは一度しか会ったことがありません。

どうして私にそのことを話すのですか?

と送りました。

「お金のため、と思っているでしょうね」

あなたの真意が知りたい。

私をサイフ代わりに思っているのではないか?

真正面から聞いたって否定するに決まってるだろ、って思いますよね。

でも、嘘でもいいから否定してほしかったのです。

それで成り立つ取引です。

私はもうこの子を助けたいと思っているのですから。

「決してサイフなんて思っていません。」

友達として?

「恋人になってもいいです。

でも好きになるにはもうちょっと時間をかけたいです」

よっしゃ、取引成立や

端から見てるとどっちがヤクザやねんって話ですが(笑)

最後の言葉が響きました。

ハゲオヤジが提示した金額を送ればいいのか聞くと、それでは足りないと言います。

倍欲しい、と。

倍・・・

やっぱり騙されてる?

全額は出せないけれども、色をつけて送ってあげました。

お嬢さんも残りは友達に借りると喜んでいました。

「あなたを待ってる」

照れるぜ。

まぁ他のタイファンの方からすればケチくさい額と笑われるかもしれませんが。

騙されてもいい額ですので(笑)

今のところ、毎晩のLINE交換は継続中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

投稿者: mikenojo

♂貧乏サラリーマン。 身体障がい者。

ディスカッションに参加

2件のコメント

  1. きっかけはお金でもいいと思います。
    そこから恋愛が始まって本当になれば
    それでいいのではないでしょうか。
    お金=邪道の恋愛
    私はそうは思いません・・・。ソイ

    1. ソイさん。
      含蓄のあるお言葉、ありがとうございます。
      そうですよね。
      きっかけがどうであれ、本物の関係が築ければ素晴らしいことだと思います。
      それにしてもタイ、凄いことになってますね。

コメントをどうぞ

mikenojo へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です