小旅行(復路 2)

ミケです。

またしばらく行くと、今度は折り畳みのミニサイクル。

学校指定のジャージみたいなズボンを履いた青年が立ち漕ぎしている。

ミニサイクルにしてはスピードが出ているのと、ちょっと小太りだったのでダイエットかな?

もちろんこんなのに関わってはいられないので、さっさと躱す。

陽も大分傾いてきた頃、ようやく現れたロードバイク乗り2人。

装備も完璧な赤いウェアの兄ちゃんと、バイクは古いがきちんと整備はされていて、ハーフのカーゴパンツにメットではなくキャップのおっちゃん。

この赤い人は間違いなく早いです。

どぞどぞと道を譲る私(笑)

敵いっこありません。

トレイン組んできたのかしら?

それにしてはカッコが違いすぎる・・・

店の主人のおっちゃんが赤い人の調整後の調子を見てるとか?

おっちゃんはそんなラフな感じ。

50m位離れて後を付いていきましたが、交差点で赤い人は左へ曲がり、おっちゃんは手を振り、声をかけたようでした。

どういう関係だったのか。

おっちゃんの後を付いていき、おっちゃんは右へ。

それから単独行が続きます。

道が登っていき、遮音壁が見えてきた。

これは進んじゃいけない道だ。

とーいさんが横に下道があると言っていたっけ。

あれか。

細い道へと進む。

車止めがある。

なんの疑問も抱かず侵入。

しばらくは遮音壁と平行して道が続いていたが、やがて道だけが左に曲がり、川が見えてきた。

行きたい方向には歩行者専用道路の車止め。

逆方向にしか道はない。

どうやら道を間違ったようだ。

太い道に出てから、スマホを出して居場所を確認。

国道から大分外れている。

ここからは・・・

ここを真っ直ぐでいいのか。

じきに国道の標識が見え、無事合流。

すでに黄昏時だ。

半分位きたのだろうか?

足が疲れてきて、信号機で停まるのが億劫になってきた。

ギアを入れる腕もパンパンになってきている。

そういえば、信号機間の距離もかなり狭まっている。

無心で回していると、東京まで20㎞の標識。

もう陽は沈み、スピードを出すのが怖い。

車列の灯りが頼りだ。

そこに一台、私と同じようなスタイルのロードバイク乗りが出現。

多分あちらの方が性能は上だがヴィンディングではない。

お供させてもらおう。

スリップストリームには入れなかったが(迷惑行為だからやめましょう)、彼をペースメーカーとして後を付いていく。

大分楽ができた。

そうして彼もどこかへ行ってしまった。

ふと気付くと標識が都内の地名に変わっていた。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

投稿者: mikenojo

♂貧乏サラリーマン。 身体障がい者。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です