サンクコスト

ミケです。

今年もあと僅か。

皆さんはこの一年間いかがでしたか?

事業は順調でしたか?

思っている人とうまく付き合えましたか?

狙っていた資格は取れましたか?

新しいことは始められましたか?

これらの質問に明るく答えられた方は素晴らしいですね。

羨ましい限りです。

口ごもっちゃった方、来年が、いえ、明日が、いえ、これからがあります。

サンクコストという言葉をご存じですか?

日本語で埋没費用といいます。

サンクコスト

事業や行為に投下した資金・労力のうち、事業や行為の撤退・縮小・中止をしても戻って来ない資金や労力のこと。

Wikipediaではこのように説明しています。

経済学の言葉です。

つまり、もはや回収することが不可能な費用のことです。

会計学では簡単に損失といったりしますが。

このサンクコストを切り取って、考えないようにすることが経済学ではよいとされています。

これはどんな場面でも有用だと考えます。

例えば上で質問したことなんかそうですよね。

古い話ですが、リーマンショックの直後。

あらゆるものの価値が暴落しました。

わかりやすいものは株や投信等の金融商品です。

価値の半分以上が吹き飛びました。

あのとき、それらを持っていた人たちはどう行動したでしょうか?

色々な考えがあり、様々に対応されたと思います。

反射的に大損を出しながら、売却して市場から撤退した人。

市場に残って、商品を買い換えたり、買い増したりした人。

含み損を抱えながら、売ることも出来ずに塩漬けにした人。

やはり最後のパターンが多かったようです。

サンクコスト、つまり下落前の価値が頭にこびりついて、価値の回復を待ってしまったのです。

当時、毎月配分型の投信が人気でした。

それが傷を更に深くしました。

以前説明しましたが、毎月分配型の投信は損を出しても分配金がでる金融商品です。

その原資はファンド自身です。

ファンドは自分の体を削って分配するわけです。

こんな商品がショック前の価値に回復するはずもありません。

毎月分配型投信は10年以上経った今も当時のまま低迷している商品が多いのです。

商品の選択が正しかったのなら、そのままにしておいてもよかったのかもしれません。

しかし、もし、毎月分配型投信や優良とはいえない株式等を持っていたら、すぐに見直すべきだったのです。

インデックス投信等は優良な株式と共に順調に回復しています。

大切なことは過去の栄光に引きずられず

どれだけがんばったかにも影響されず

これまでだらだらと続けていたことを潔くやめ

今ある資金や労力でより高い効果を狙える選択肢を選ぶことです。

そうすれば新しい道も見えてくるはず…です。

私が言っても説得力ないですけどね(笑)

にほんブログ村

投稿者: mikenojo

♂身体障害者。 CFP®認定者。 現在、某グループ会社の一つに出向中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です