ユカリ(20)

ミケです。

ももの外側から、丁寧に舐め残しがないように膝に向かう。

息が洩れる。

微かに響く喘ぎ声が分身を奮い起たせる。

膝に移る。

くすぐったがらせないように、ゆっくりと。

「ハァ~・・・気持ちぃぃ」

ふくらはぎを持ち上げ、すねの外側から舐める。

「んんっ・・・」

こんなところが感じるのか・・・

脛から足の甲へスライドする。

「あっ・・」

足の甲を吸い、また舐める。

足の裏を持ち、足の指を親指から1本1本丁寧にしゃぶっていく。

ユカリがいつも私の分身にしてくれるように。

ユカリと目が合う。

ユカリは静かに喘ぎながら、私の口元をじっと凝視している。

私は照れ笑いをして舐め続ける。

かかとをもち、足の裏に舌を這わせる。

「すごい気持ちいい・・よ」

最大の褒め言葉だ。

しかし、舌が疲れてきた・・・

こんな感覚は初めてだった。

舌がつる・・・

だが、ユカリが気持ちいいと言ってくれているこの行為を、やめるわけにはいかなかった。

今度はすねの内側、内もも、と右足を舐め尽くした。

腰からスタートし、下半身の外側を爪先まで下り、ターンして内側を廻ってきた形だ。

花弁には触れずに、今と同じように反対側の足を舐め出す。

途中で

「ねぇ・・疲れたでしょ?もういいよ」

と頭を撫で付けられながら言われた。

ううん、大丈夫。

頭を振って黙々と舐め続けた。

左足の内ももを舐め終わると、舌が麻痺して唾液も出にくくなっている。

だが、メインディッシュはこれからなのだ。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

投稿者: mikenojo

♂貧乏サラリーマン。 身体障がい者。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です